*アステリスク*

[story]

  あるきっかけで、あたしの指先は魔法が使える。

 ‘偶然’現れた「とにかく外見があたし好みの美男子」に命令されつつ同居生活。
 
 その為にあたしが払う犠牲はマトモな思考と左手人差し指。


 息も止まる恋愛を、おばあちゃんがくれた。

 身も心も焦がすってことを、俺様な彼が教えてくれた。



 水みたいに滑らかで光りをまとう女になれと。



[comment]
コメントはこちらから

[ 小説ページへ ]




×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -