アキサメ
act.4 アキサメ



 俺の一生はステレオタイプのように思えてきた。

 月曜になれば「だるい」とつぶやき大学へ行き講義を受け、部活で汗をかく。

 火曜も水曜も木曜も金曜もまた同様。部活が休みの日はちょっとだけ眠れる時間が増えて嬉しい。それだけの。


 アンニュイ気分でバイクのハンドルを握り、空を仰ぐ。真っ青にうろこ雲が少々。

 秋風が顔を掠める。きつい日差しの中、その冷たさが心地好い。



「1限からとかだる……」



 ……また無意識に言ってしまった。


 どうして月曜の1限に必修の授業が組み込まれているのだろう。おかげでサボれない。


 大学カリキュラムに悪態をつき、バイクを停めゴーグルとヘルメットを外した。



「あ!いっちゃんおはよー。バイクかっこいーね。今度乗せてっ」

「うげ……」



 朝一番からこいつかよ。

 寝起きの頭にマシンガントークはきつい。

 頭をめちゃくちゃに、リズムもばらばらで、ひたすらにがんがんがんがん叩かれているような気分になる。頭の中を整理する余裕もないほど。



「『うげ』っていっちゃんひどいなあ。ねえねえ、教室まで一緒に行こー?」



 口元のほくろを歪めて笑う。
 黒い髪が揺れる。

 そこに立つのは、かつて壊してしまった彼女だった。

 心を壊してしまったわけではない。

 彼女の未来と希望と幸せを壊してしまった。ことごとく打ち砕いてしまった。


 頭も、ぐらぐら揺れるけれど。それが俺の胸にずどんと効いて、ため息が漏れた。そして歩き出す。



「あ、もう!歩くの速い!」

「んだよ。ついてくんな」

「教室一緒でしょ?」



 数歩後ろを、足を捻挫したときのようにひょこひょことついてくる。

 仕方なく振り向き、待った。


prev next // 目次
しおりを挟む


不器用 親バカ

89/102
×
第4回BL小説コンテスト読者投票受付中!
BL小説コンテスト開催中!
- ナノ -