father
act.3 father

 隣の教室から、かすかに聞こえるお父さんの声。

 ぼーっとしてしまう数学の授業中。



「亜子ちゃん、」

「!……あ、えと」



 隣の席のさゆちゃんが私の机を指先で軽く叩く音で我に返る。



「次、あなたよ。答えはこれ。もう、ぼーっとしないでよね」

「あ、ありがと……」



 答えを書き写してほっとしていると、先生に当てられた。

 これでまた、しばらくぼーっとしていられる。


 耳をすませばコロンブスがどうとか。

 熱くなっていろいろ語ってるみたい。


 一度でいいから、お父さんが授業をしている姿を見てみたいなぁ……。


 同じ学校に在籍しているとはいえ、さすがにお父さんが学年主任をしているのは3年生、授業を受け持っているのも3年生と2年3、4、5組。ちなみに私は2年2組。


 3組の細川くんがいうには、「やさしい顔して鬼!」。
 4組の真紀ちゃんは「本当に亜子のお父さん?」。
 5組の絵田さんは「甘いもの大好きだよねー。アメあげたら喜んじゃった」。

 ……お父さん、世界史に関しては容赦ないからなあ。

 みんなが『わいろ』と称して甘いものを贈る気持ちがよくわかる。


 私だって世界史のテストで平均点以下をとった日には、『わいろ』だとばれないよう細心の注意を払ってケーキ作りを頑張っていたりする。


prev next // 目次
しおりを挟む


不器用 親バカ

52/102
×
テーマ「童貞○○責め」
BL小説コンテスト開催中!
- ナノ -