蒼天吉日
act.1 蒼天吉日

 幸せになるための1歩を踏み出すことが、どれほど重労働か。


 秋も近づく土曜日、母さんが踏み込んだ1歩を見、なんとなく知った。


「再婚する」という母さんの言葉に、「またかよ」と眉間にシワを寄せた俺は親不孝者かもしれない。


 これで3回目の再婚騒動。過去2回は未遂だった。


 お断りの理由は俺。

 目つきが悪い、
 口が悪い。

 そんな理由だった。目つきが悪いなんて俺のせいじゃないのに。


 そんな再婚騒動に今日も付き合わせようと、俺の身体を軽自動車に押し込む母さん。

 なぜ母さんは天井の低い軽自動車ばかりを好むのか。おかげで猫背だ。


 ――これ以上猫背になってたまるか。


 小さな反抗を試みてシートに寝っ転がると、おめかしをした彼女はハンドルを意気揚々と切る。



「ごめんねぇ。今日くらいしかあの人休みが取れなくて。娘さんは大丈夫なんだけど……ほら壱!スマイルスマイル」

「……なんで今回はこんなに突然?」

「さささ、サプライズよ」



 嘘つけ。

 俺が渋るってわかってたからだろ。


prev next // 目次
しおりを挟む


不器用 親バカ

3/102
タップで読むBLノベル
- ナノ -