純白にて.b
純白にて.b

 きみのことが好きだと気がついたのは、いつのことだっけ。

 何気なく、ふと気がついた。あたたかい気持ちに。ちくりと痛む気持ちに。


 純白に包まれ、にこりと笑うきみを見、私もほほ笑んだ。


 綺麗な笑顔をしているんだね。その笑顔がきっと、きっかけかな。



「亜子、……綺麗だな」



 急にそういうことを言うから、私ははにかんだ。不意打ちだ。

 きみはからかうように歯を見せて笑う。



「髪、伸びた」

「壱くんは伸びないね?」

「短い方が好きだし。長いと変だろ?」

「そだね。その髪型、好きだよ」



 本当はね、全部好き、だけど。

 壊れ物を扱うように慎重に、その気持ちと壱くんの頭を包み、彼のつんつんとした髪を撫でる。


 手触りが好きだから撫でるの……って、いつも言い訳。


 手触りを楽しむように撫でていると、彼の頭が高いところへ行ってしまった。


prev next // 目次
しおりを挟む


不器用 親バカ

1/102
×
SSが簡単に作れる
BL専門チャットノベル
- ナノ -