純白にて.b
 そして彼は、割れ物を扱うようにやさしく、私をあたたかい胸に包む。



「……?」

「亜子って小さい」

「好きで小さいんじゃないもん」



 膨れながら見上げると、「ごめんな」って笑いながら謝るきみの悪い癖。

 その笑顔に私がついつい許しちゃうこと、知ってるの?


 しばらく、じっとして。

 彼の広くて恰好いい背中に手を回して、少し、彼の誇り――素敵な誇り――を撫でた。

 それから壱くんは、思い出したように口を開く。



「髪、三つ編みにしてあげようか」

「うん」

「じっとしてろよ」



 くしで梳かれるだけでもふわふわとした気分になる。


 きっと、好きだから?


 あたたかい脳内麻薬ってやつがいっぱい出てるのかな?



 それに堪らなくなって、



「あのね、壱くん」

「ん」

「好きだよ」

「なにが」

「三つ編み」

「ははっ」



 ずっとずっと好きだよ、壱くん。

 だって、私の初恋の人だもん。


 でも、――今日でお別れだね。


prev next // 目次
しおりを挟む


不器用 親バカ

2/102
「ハッピーエンド」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -