- ナノ -

ぽの様

こんにちは、吉瀬良です。いつもお読みいただきありがとうございます。
そしてこの度はalbatross一周年記念フリリク企画にリクエストご応募いただきありがとうございました。
大変お待たせしました、リクエスト作品をアップいたしました。

他寮、他学年から見た四人組は新たな視点で面白いなと思っていました。しかし玻璃ぽたぽたり作中で二つの条件を満たすのは、第三章の時点でスリザリンのフリントと、レイブンクローのチョウの二名のみ。いかに玻璃ぽたが同学年同寮ばかりで構成されているか改めて認識しまして…少し反省いたしました。
そしてフリントは一章の初めの方に出てきているのみでしたためあまり四人が定着していない時期です。ならば知り合ったのは最近ですが、四人組を知っていてかつ、夢主ともある程度親しくという関係のチョウ視点で書かせていただきました。友情出演でマリエッタです。

レイブンクローは頭が良いというイメージがやはり強いので、彼女たちなりの四人の見え方というものを意識しました。おそらくこれがフリントであれば「烏合の衆」と言うかもしれませんし、他の人は「仲がいい」というだけかもしれません。
だからといって伏線がどうとかいうわけではないのですが、こういった見え方もあるんだよというひとつの解釈としてお受け取りいただければと思います。

応募の際はとても素敵なメッセージをありがとうございました!私の書く小説がぽの様のお好みとマッチすることが出来てとても嬉しいです!
当サイトは趣味サイトですので、当たり前のことではありますが、日頃から好きなようにやろうと決めていました。ですので注意書きにもございますように、作品によって書き方を変えたり、出来るだけ様々なものを置こうと思っております。
その中でも玻璃ぽたぽたりに関しては、微原作沿いかつシリアスを入れながらもなるべく軽くサラッと読めるテンポで話が進むように意識しておりまして、その点を褒めていただけてとても嬉しく、ありがたい気持ちでいっぱいです。
現在は全体的に若干ギャグに偏り気味ですが、今後また新たなものに挑戦し続けたいと思っております。そして、ぽの様の大好きが続くよう精進いたします。

一周年を超えて二周年目に突入し、大変お待たせしてしまいました。玻璃ぽたぽたりも第四章が始まり、(少しネタバレやもしれませんが、)本作品の反省を活かして登場人物の幅を少し広げてみたりしております。お楽しみいただけますと幸いです。
今後とも、ALBATROSSをどうぞよろしくお願いいたします。

吉瀬良