((さて…どうしようか…))


医療忍者となると、少し厄介だ。
やみくもに攻撃したところで、傷を治される。
かといって全く傷つけない、なら私がやられる。
…でも、立場は一緒。
カブトから見ても、私は医療忍者だ。
そうだ、カブトの攻撃パターンをまねればいい。

カブトが動く。


『…』


一瞬遅れて、カブトを探す。


((上…右…左…後ろ………どこにもいない))



『下か!』

「!!」


こぶしを地面に打ち付ける。
そこから亀裂が入って、一気に広がっていった。
地面がせりあがったり、沈んだり。
大まかにきざまれた亀裂の間にカブトの顔があった。


『遅い!』


掌にチャクラをいっきに集め、逃げるカブトの体を瞬時に捉える。


「うわっと!」


少し体にかすったところで、よけられた。
カブトが高く頭上を通って、遠くに着地する。


「…危なかった。
…なかなかやるね、君。
いつから医療忍術をやってるんだい?」

『…今はおしゃべりの時間じゃないわ』


クナイを構えて、カブトめがけて放つ。
遠くにいるカブトは余裕の笑顔で、そこに立っている。


「はん!
こんなもので僕がやられるとでも思っているのかい?」

『…思ってるわ』


しかしとうとうクナイから逃げきれずに、腕に深手を負った。
心臓を狙わなかったのはわざとだ。
殺しはしたくない。


「!!
ばかな!」


カブトが腕を押さえながら倒れた。
途中、すごい形相でにらんでいたが、知らない。
…いちいちうるさかったからだ。


『やっと気付いたみたいね。
そうよ、神経を切断したの。
…ちょっと口がうるさいから黙らせてあげようと思って』

「…」


上から見下ろすと、舌打ちされた。
…わたし、この人嫌いだ。
大蛇丸様に似ている。
ただ近くに寄っただけなのに、背筋がぞくぞくする。


『…さぁ。
もうあなたは立つことすらままならない。
あきらめなさいな』


クナイを首元に押し当てた。
その瞬間、カブトの表情が変わった。


「これで僕に勝ったつもりか?」

『…まだ大口叩くの?』

「……こんなことで…」

『…?』

「僕がやられたと思わないことだよ」

『!』


カブトが一瞬で目の前から消えた。
首に食い込んでいたクナイは、血が付着している。
…確かに目の前にいたはずだ。
そして確かにダメージをくらわせたはずだ。
…どうして立ち上がれるの?
神経を切ったのに…。

後ろからクナイが風をきる音が聞こえて来る。
…後だ。
クナイを投げる。


『!』
((反応が遅かった……よけきれない!!!))


しかしなぜか目の前から千本がやってくる。
…カブトはどこにいるの!
あわててクナイを投げるが、遅すぎた。
真正面からやってきたクナイが深々と腕にのめりこむ。
生ぬるいものが腕を伝って、袖口から赤い液体が流れ出てきた。
はくも地面に赤い水たまりをつくっている。
…出血がすごい。
このままじゃ倒れる。


『うっ…』


チャクラを練ろうとするが、半端ない痛みが襲う。
足が立たなくなって、座り込む。
袖をまくると、千本が3本貫通している。
勢いよく引き抜くと、さらに血があふれ出た。
布を引き裂いて、縛る。
…応急処置だ。


「さっきのお返しさ」

『…』


視界にカブトの靴が映る。
今までどこにいたのだろうか、わからなかった。
気配さえしなかった。
…大蛇丸様みたい。
…いや、嫌い。


「…やっぱりね。
君は僕に勝てないよ。
そして、君の師匠とやらも守れない」

『そんなことないわ…』


立場が逆転した。
油断しすぎていた。
あんなに自来也様が強いとおっしゃっていたのに。
自分でもわかっていたのに。
腕がしびれ始めた。
体が重い。
…血が抜けすぎた。


「ククク…。
血が抜けたせいで意識も朦朧としているじゃないか?
もう君は戦えない、自分でわかっているだろ?」


…この人の目は的確だ。
さすが大蛇丸様の付き人。


「…もう君は用無しだ。
奇跡がおきて体が治らない限り、戦えない。
…君の負けだ」

『…奇跡…』


地面に落ちたカブトの影がクナイを振り上げた。
逃げることもできない。
対抗することもできない。
今の体がいうこと聞かないのは自分がよく知っている。
徐々にクナイとの距離が狭まる。
あぁ、死ぬんだ。
目をつむった。


「!
…なぜだ…」


目を開けると、なぜかクナイは振り下ろされていなかった。
カブトが驚いた表情で突っ立っていたからだ。
私の腕を凝視している。


『…!
腕が…治っていく…』


煙を立てながら、皮膚が異常な速さでふさがってゆく。
…チャクラも何もねっていないというのに。
自然に。
カブトが一歩下がって、クナイを構えるのがわかった。
体はすっかりと元通りになっていて、何事もなかったかのように立ち上がる。
めまいも、しない。


「どういうことだ…」

『…どういうことでしょう』

- 14 -

prev next



「溺愛」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -