「えらい自信だね。
この僕と戦おうだなんて…」

『…綱手様を傷つけてただで帰ろうとしないことよ』

「君なんて一瞬で終わるような気もするけどね…」

『…どうだか』


フン、と鼻をならすカブト。
丸い眼鏡が太陽に反射する。
よゆうしゃくしゃく、といった態度だ。
まぁ、その態度もうなずける。
カカシ、が誰だか知らないが、相当強い。
でなければ大蛇丸様が付き人なんかにするはずがない。

目の前にいたカブトの姿が消えた。

…来る

前…後…右…!
右の方でカブトの輪郭が見えた。
何か術の準備をしている。
右手の仕込針弾を打つ。
しかし案の定たやすくよけられた。


「その程度かい?」

『…』
((うるさいわね…))


目をつぶって、深く息をすう。
これでもくらえ!


『忍法・毒霧!』

「!!!」


口から上がる紫色の煙。
カブトの方に風が流れて、どんどん広がっていく。


((少しでも吸えばおしまい…。
さぁ、生きてられるかな))


一向に薄まらない煙の奥で、一瞬黒い影が動いたのが見えた。


『チッ…。
逃げられたか…
やっぱり、大蛇丸様の付き人だけのことはある』


霧が晴れると、平然と立っているカブトがいた。


「その程度の技じゃ、僕にはきかないよ」

『…そうね。
少しはやるみたい』

「もしかしてこれが君の精一杯かい?」

『まさか…。
………ここからは本気でいくわ』

「!
何も変わらないと思うけどね…」

『どうかしらね!』


いちいちうるさい人!
カブトめがけて一直線に走る。
右手のこぶしを固めてチャクラを集中させる。


「甘い甘い!
真正面から突っ込んでくるなんて!」

『誰が真正面ですって?』

「!」


瞬身で背後に回り、掛け声と同時にこぶしを打ちつける。
何本か骨が折れる音がして、地面をこすりながら、カブトが長い距離を転がる。


『甘いのはあなたの方ね』

「……くそっ……」


悔しそうに身をちぢめて起き上がるカブト。
短く印を組んで、ほのかに光る手のひらを体に当て始めた。


((…やっぱり、医療忍者だ。
さて…どうやって攻めるべきか…。
チャクラ切れを待つ?
それとも…))


「さて…次は僕からいくよ」

- 13 -

prev next



「おっさん受け」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -