偽りのカレンデュラ 



 タワレコを出た直後だった。

 電話があった。あとでわかったのだが、発信者は月乃さんだった。

 本当は、まずはあたしのほうからコールしていなくてはならないはずなのに。

 ところが、あろうことかあたしは電話に出なかった。

 そんな気分じゃなく、無視した。

 留守電にバトンタッチされるまで電話は口遊み、そして、ミルキーな声が留守電に残されることはなかった。




    222    
 




Nanase Nio




「ハッピーエンド」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -