偽りのカレンデュラ 



雨音シトト : 著
家族小説
野ケモノ









“子は親を選べない”

“親は子を選べない”

 だからこそだ。

「除け者にはできないんだよ?」

 つぶやくと、パパはかすかにうなずく。

 とっくに知ってるらしかった。



 子供の本音。



「嫌いになれないから、苦しむんだよ?」

 すると、不意にパパはふりかえり、またかすかにうなずいた。

 そして、いった。

「俺は、その感覚には恵まれなかった」

 桜が散っていた。

「おばあちゃんが本当の親ならよかった」

 はらはらと、

「苦しんでみたかった」

 ひらひらと、

「突き放してしまった」

 舞っている、その向こうに、

「救急車も呼ばずに」

 おばあちゃんのお墓がある。

「俺が殺したようなものだ」



 じゃあどうしてお墓なんか……。



 いや、きっと、

“罪”を経て、パパはやっと、

 やっと、

 おばあちゃんの息子に、なれたんだ。



【完】




- 32 -

[*] 前へ|次へ [#]


[1] 目次へ
[4] しおり
[0] 表紙へ

雨音シトト
さんのホームページへ

読者メニュー
作家メニュー




オーディションに
合格しちゃおう!!


YOU LOVE BOOKS


Copyright (C) 2010
  ABYSS MEDIA WORKS. 
  All rights reserved. 






    42    
 




Nanase Nio




×
テーマ「童貞○○責め」
BL小説コンテスト開催中!
- ナノ -