偽りのカレンデュラ 



 客観のひとつでも係っていれば勇気ともなるが、盲目に尽きてしまえば自棄でしかなくなる。たとえ結果は同じでも、経緯の是非をめぐって成長が試されるのならば、自然、前者に軍配があがるというものか。

 3日前に届いた月乃さんからのレスは、間違いなくあたしに、これまでになかった客観性をもたらしてくれた。凝らす目を、もたらしてくれた。

 そう、あたしのコレは勇気≠セ。




    111    
 




Nanase Nio




タップで読むBLノベル
- ナノ -