偽りのカレンデュラ 



雨音シトト : 著
青春小説
コインフレンドリー











 1分か、10分か、1時間か、長くもあり、短くもある捻れた時間を、しばらくを、深く深く泣いた。

 クルミはじっとして黙っていた。彼女の前で泣いたことなんて、なかったのに。


「夢を持ったことを後悔しないで」


 涙がひと段落し、恩人の透明な声。


「別れは別れで、夢は夢、それとこれはぜんぜん違うよ」


 聞けば聞くほど、また涙が落ちる。


「夢は必ずしも叶うとはかぎらない。でも、夢を見なきゃ、見たことのない世界なんて見られないんだし、だから、新しい世界を命に取り入れて、人は成長していけるの。夢を持つって、強い人じゃないとできないことだと思うよ? だって、見たことのない世界を目指すんだもんね?」


 夢について語るような人じゃない。そうさせてしまったことが少し恐くて、だから悲しくて、切なくて、嬉しかった。


「成長しようと志したほどの人間が、強い人間が、そのために別れるの? あたしはそうは思わない。弱いから別れるの。夢を持ったのとは違うところにあるお互いの弱い部分が、別れを決めたの」


 あんたのほうがちょっとだけ強かったのかも──そう言って、クルミは微笑みの語尾を匂わせた。






- 73 -

[*] 前へ次へ [#]


[1] 目次へ
[4] しおり
[0] 表紙へ

雨音シトト
さんのホームページへ


読者メニュー
作家メニュー




雨の日に聞きたい
定番ソングは何?



You Love Books


Copyright (C) 2010
Abyss Media Works.
All rights reserved.





    32    
 




Nanase Nio




×
テーマ「世紀末オメガバース」
BL小説コンテスト開催中!
- ナノ -