偽りのカレンデュラ 



 大量の涙で枕を濡らしたまま、あたしは目を醒ました。

 いつものような朝だった。

 だけどあたしにはもう、目に映るなにもかもが、途方もない別世界に見えた。




    77    
 




Nanase Nio




タップで読むBLノベル
- ナノ -