偽りのカレンデュラ 



 見たもののすべてが夢だった。

 純白の光に包まれ、その直後にあたしがいたのはいつもの暑いベッドの上。漫ろな気持ちになることなく肉体に触れられる、あたしの体温を宿したブランケットの下。

 変わらぬ朝だった。

 すべてが夢だった。

 そしてこの日を境に、あたしは同じ夢を昏々と見つづけることになる。




    12    
 




Nanase Nio




「ハッピーエンド」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -