Vignette 

Category : Diary
Update : 2012/09/05[Wed]23:30



 コンビニにて。

 60代ぐらいの男女が、小学生であろう少年と一緒にアイスのコーナに陣取っていた。祖父母と孫であるらしい。

 孫は、懸命にアイスを選んでいる。どうやら祖父母に買ってもらえるらしい、食い入るようなまなざしをフリーザボックスに注ぐ。

 祖父は黙って孫を見ている。それが常態なのか、険しい顔で。

 祖母は忙しなく孫を補佐している。あれがいいんじゃない、これがいいんじゃない──煮えきらない孫へとしきりにプレゼン。

「ほら。パピコよパピコ」

 パピコを指さす祖母。

「えぇぇ……

 今いち納得のいかない孫。

「ほら。パピコは2つになるから。これで祖父ちゃんと半ぶんこよ?」

 折半で孫の腑に落ちるのだろうかといぶかる私。

「うーん……

 しばらくもがいていた孫だったが、

「じゃあ、あのコーヒーのほう……

 やや不貞腐れたトーンで、くだんのパピコのほうではない、コーヒー味のパピコを指さしてギリギリの妥協点を提案。

 すると祖母、

「ダメよ。コーヒーは大人味よ。まだ早いのよ大人味は」

 瞬時に却下。

……

 ますます腑に落ちない孫。

……

 険しい顔の祖父。

……

 私。

 で、最終的に孫は、コーヒー味ではない、件のパピコを買った。というか買わされた。

 それから私は、しばし「抑止力」について思いを馳せた。

「コーヒーは大人味」──その台詞は抑止力となり得るのか。

 だって、パピコはパピコ。

 コーヒー味でもパピコはパピコ。





    71    
 




Nanase Nio




×
第4回BL小説コンテスト読者投票受付中!
BL小説コンテスト開催中!
- ナノ -