Vignette 

Category : Playhouse
Update : 2014/03/17Mon00:30



 あくまでも趣味だが、物語や随想エッセーまがいの文章を書いている。さらには恥ずかしげもなく公開し、しかし匿名なので決定的に恥ずかしい思いをすることはない。私が幼少のころには考えられないことが起きている。良い時代。

 物語の内容にもよるけれど、都市伝説とのおつきあいが避けられない場合もある。ネタのためにその手の本を読んだり、その手のサイトを調べたりするようなプライベートが私にはある。なんとも色気のない話だが、もともと都市伝説に関心があるため、なかなかどうして楽しい作業ではある。

 もはや無限に存在すると言っても過言ではない都市伝説、むろんのことピンからキリまであり、バイラルマーケティングが云々とかいう専門的なことを考えはじめたら娯楽性も半減することウケアイなのだが、元来、都市伝説とは「自分の周りにも不可思議なことが存在してほしいという一縷いちるの欲望が物語性を帯びたもの」であり、私は、逸話のクオリティが面白いかどうかではなく、そういうジメジメとしている人間の欲望そのもののほうを面白いと捉えている。

 そんな中、強く心をかれる都市伝説に出会うこともある。人間の欲望という基本通念にかぎらず、物語の構造としても面白いと思える話に。

 そのひとつに、あの『浦島太郎』には実は続きがあった──というものがある。

『浦島太郎』

 いじめられている亀を助け、お礼にと竜宮城へ招かれ、最終的にはお爺さんになってしまうという、あの、憐れなる青年の物語。

 目の前の快楽にひたるあまりに好奇心のたがが外れてしまった因果応報の訓話であると言われていたり、海の物語であるはずなのになぜか長野県木曽郡で玉手箱を開けたという逸話があったり、あとは「ウラシマ効果」という物理学的な名称まで生み出したりするものの、いまだ実体が掴めず、議論を深めたままにしているという摩訶不思議な物語。ある意味では都市伝説の先駆けと言っても過言ではない物語だけれど、なにしろ『日本書紀』まで遡るわけだし、史学的にも珍重される国宝級ヘヴィな物語であることに違いない。とはいえ、内容のスジを著しくじ曲げないかぎりは、いくらでもアレンジすることのできる懐の深い物語とも考えられる。

 さて。

 今回はその、都市伝説「浦島太郎の続編」に、私なりの脚色を加えてみた。

 相変わらずの長文だけれど悪しからず。



 





    62    
 




Nanase Nio




×
第4回BL小説コンテスト読者投票受付中!
BL小説コンテスト開催中!
- ナノ -