拍手 | ナノ FF13《軍所属時代のメイルフォードさんとロッシュのヒトコマ》


「ねぇロッシュ中佐、その髪って自分で結ってるの?」
「そうだ。私以外に誰がやると思う」
「いやてっきり彼女さんかなーって」
「付き合っている女性などいない…そもそも軍人である以上色恋沙汰に現を抜かすなど」
「わお堅物。同期であるナバート中佐との噂聞いたことあったからさぁ」
「………」
「なんでそこで落ち込むのさ」
「いや…私個人の事情でな…」
「あーもうこんなとこで暗くなんないで欲しいなぁ。ほら私が美味しい物でも買ってあげるから」
「私を子供扱いしないでくれ!」
「そこでムキになるのが子供の証拠!」
「あなたより年上だというのに…」
「歳とか関係ないでしょうに。仕方がないなぁ、明日から私がロッシュ中佐の髪結ってあげるからそれで勘弁してくれない?」
「……私とあなたは違う部隊だ」
「嫌ではないんでしょう?会いに行くからさ」
「…っ!(そこで微笑むとか反則ではないか…!)」


―――――――――――
青春ロッシュと無自覚メイルフォードさん
がんばれロッシュ!君の想いが伝わるのはまだ遠い!当サイトではロッシュの一人称は中佐としての立場では「私」、オフというか羽目が外れた(?)ときは「俺」だといい。そして他人は基本「君」か「あなた」という勝手な思い込み。
(現在拍手御礼夢は三種類ランダム表示です)



タップで読むBLノベル
- ナノ -