満ちたあの夜とお別れ

About this story

「赤髪海賊団の船長と出会った。できれば彼を無視していたかった。」




A chance meeting


1 やわらかなノクターンに触れる
2 言葉でも魔法でもないなにか
3 何も言わず笑って


Chapter 02


xx タイトル
xx タイトル


back to top


- ナノ -