R15


「ふっ、う、ぁん、」
「俺まだ変なところは触ってないんだけど」
つぅ、と徐に動く手に耐えようと唇を噛む。角名の言う通り彼はまだ1度もナマエの胸や秘部には触れていなかった。
「まだ我慢するの?」
こちらを覗き込んでくる瞳とは目を合わせないようにした。合わせてしまったらきっと流されてしまうから。
ナマエがきつく唇を結んで流されないように必死なのには決して無視することの出来ない理由があった。



「角名くん…」
「何?」
帰宅途中、可愛い俺の彼女は申し訳なさそうに指と指を合わせ、上目遣いにこちらを見てきた。そんな顔されると我慢できなくなるじゃん…と恨めしく思いながらもできるだけ優しい声音で問いかけた。帰ったらどんなプレイをしようかなと考えながら。だから小さな彼女の唇から零れた言葉には心底驚いたしショックを受けた。
「し、しばらくね、えっちしたくないなって…」
チラチラと様子を伺ってくるナマエが今までセックスを嫌がっている様子はなかった。むしろ蕩けた顔で「すなくん…」俺の名前を呼んでは離したくないとでも言うようにきゅうきゅう締め付けてきて…思い出すだけでも勃ってしまいそうになるほどえろかった。
俺なしでは生きられないような体にしたのにどういうことだとナマエの顔を覗き込んだ。いつもならうっとりとした表情で目を合わせてくれる彼女は頑なに俺と目を合わせようとしない。ナマエがこういう行動をする時は何か隠したいことがある時だ。浮気は一切疑っていない。ナマエに好かれていることは自覚しているし、浮気していたとしても俺じゃないと満足出来ないナマエは必ず帰ってくる。だとしたら何だ…?
彼女より正直な彼女の体に聞いてみることにした。




くちゅくちゅと音を立ててナマエの赤い舌を絡めとる。家に着いた瞬間に押し倒した俺を彼女は信じられない!とでも言いたげな表情で見ていた。ぢゅぅぅぅーと薄い舌に吸い付けばビクビクと彼女の腰が動くのは俺の開発で舌だけで感じるようになっている何よりの証拠だった。つんつん、と舌を尖らせて上顎をつつけば自分が丸め込まれそうになっていることを察して顔を引こうとする。そんなナマエの肩を抱いて抱きあげると彼女の部屋に移動した。

「キスだけでこんなにとろとろになってるのに我慢できるの?」
「できるもん、し、しないからぁ」
涙目で首を振る彼女は嫌がっていると言うよりは我慢しているようで、優しく背中をなぞれば可愛らしい声を上げた。
「ナマエ、可愛いね。好きだよ」
いつもの様に耳元で囁けば顔を真っ赤にして耳を塞ごうとする。その手を掴んでぐちゅりと舌を耳の中に入れ込むとナマエの小さな体が震え出す。
ぬちゅ、ぴちゃ、とわざといやらしい音を立てて舐めたり、思い出したかのようにカリっと耳を噛めばくたりとナマエの体から力が抜ける。そうだよね。俺がそんな風にしたからね。感じやすいナマエの膨らみの横に手を置いて耳元で囁く。
「いつもここ舐めたり、噛んだり吸ったり、きゅって摘んだりしたらナマエは喜ぶよね」
さわさわと胸の中心には当てないように手を動かすと、そのまま腰に移動する。
「知ってる?俺いつもここを掴んでナマエを突き上げてんの」
一瞬腰を掴んでからその手をお腹に移動させるとナマエは恥ずかしいのか目を瞑った。
「ちゃんとみてて」
「んんっ!」
ガリっと柔らかな耳たぶを噛むとナマエは声を押し殺した。
「ここに俺のが入ってナマエがぎゅうぎゅう締め付けるんだよ。俺の精子頂戴って離してくれないの。すっごく可愛い」
「きゃぅっ」
左手で耳を触りながら、右手でぐっぐっと子宮の当たりを押すとナマエは舌をだして喘いだ。カクカクと動き出す腰にひっそりと笑う。口から溢れた涎を舐めて、可愛らしい舌をぢゅぅぅぅと吸うとナマエは太腿をきゅっと締めてビクンビクンと震え出した。
「えっちなところ触ってないのにイッちゃったの?」
イッた余韻でぼーっとしているナマエにもっとしようよ、セックスしたいでしょ?と期待を込めて声をかけるがナマエは泣いてしまった。え?なんで?と慌ててベットの上で仰向けになっていた体を抱き起こし、とんとん、と背中を叩く。
「ごめん。調子に乗った。本当に嫌だとは思ってなくて…」
泣いている今でも嫌がっていたようには思えない。しかしやっと目を合わせてくれたナマエはぽろぽろと涙をこぼし続ける。
「ちが、ふっ、ひくっ」
「落ち着いて、大丈夫。ゆっくりでいいから」
泣かせた張本人ではあるが、何かを言おうとしているナマエを宥めると徐々に落ち着いてきた。
「えっちな、ところ、じゃなくても感じちゃって、ひっく、角名くんが耳元で話すだけでも、きもちよくなっちゃうから」
「うん」
「変態だから、嫌われる、かもって思って…」
思いのほか可愛らしい理由に頭が爆発しそうだった。なんでそんな可愛いことを言うのだと小一時間くらい問い詰めてやりたかった。
「俺がナマエをそんなふうにしたんだよ」
優しく、怖がらせないように頭を撫でるとまだ涙の張っている瞳でこちらを見上げてくる。
「ナマエがえっちなのは俺のせいだよ」
言い聞かせるように言うと、ナマエはほんと?と恐る恐る尋ねた。
「えっちでも嫌いにならない?」
「えっちなナマエが大好きだよ」
よかった、とほっとしたように笑うナマエが愛おしかった。大事にしてあげたいのに今すぐにぐちゃぐちゃにしてやりたいとも思う。
「だからえっちしよ?」
俺の言葉にこくん、と頷いたナマエはうっとりとした瞳で俺を見つめていた。


TOP
×
「#切ない」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -