謝罪文 | ナノ
【企業出資による同人誌発行の件につきまして】

この度は、私耳助の無知で軽率な行動により、皆様に多大なるご迷惑をおかけする事になってしまい大変申し訳ございませんでした。
ジャンル、作家様、同ジャンルが好きな方にとても不愉快な思いをさせてしまった事を、深く反省しております。
ジャンルだけでなく同人活動全体にかかわるとても大変な事をしてしまったと思っています。
また、私情により対応が遅くなってしまった事も本当に本当に申し訳ございません。


経緯につきましては、去年の7月頃に企業から自サイトのメールフォーム宛てに「女性向け同人誌を書かないか」という依頼が届きました。
初めは怪しいと思い企業について色々と調べてみたのですが、知っている作家さんがその企業から同人誌を発行しているのを知り、
根拠もなく「この作家さんが描いているんだから大丈夫だ」と勘違いをして執筆をしてしまいました。
私は問題の本が人生初めての同人誌となります。
とても知らなかったでは済まされない事態ですが、このように同人誌を発行している人もいるんだという安易な気持ちで依頼を受けました。
周りの同人活動をしている方に相談をするべきだったと、深く反省しております。


ご依頼の流れですが、
サイト宛てにに女性向け同人誌の依頼メールが届き、詳しく聞いてみようと思い返信をしました。
後日直接お会いしをして、ネタ練りをしました。
その後、ネーム、下書き、線画、完成原稿の各作業毎にチェックが入りました。
28Pでの製作という指定はありましたが、ジャンル、カップリング、内容については特に指定もなく描きたいように描きました。
イベント合わせでの発行も可能との事でしたので、10月のイベントに合わせる事になり上記の流れで企業出資の同人誌を発行いたしました。


企業の出資で発行をした本は「商業誌」という扱いになり、イベントで販売することは契約違反になる事、
また、公式の許可なく企業を通した同人発行を行う事は、完全に二次創作の範囲を超えていて、
同ジャンルの同人活動だけでなく今後全ての同人活動に影響が出てしまうかもしれないという事を知りました。
自分がとんでもない事をしてしまったと思い、すぐに企業側へ販売停止の連絡をいたしました。
現在、問題の本の委託回収の作業をしているそうです。
全ての委託分の回収、処分が完了した事が分かりましたら、上記の文は訂正させていただきます。


今後の対応につきましては、テラブレイクから発行をした「おさななじみと試着室に入ると」という本は回収、返金をさせていただきます。
大変申し訳ありませんが、郵送での返金のみとなります。
お手数ですがご希望の方は下記メールアドレス宛てにその旨をご連絡いただければ本代の400円を返金させていただきます。
mimisukero_22@yahoo.co.jp

問題の同人誌は下記のものとなります。
「おさななじみと試着室に入ると」真遙凛/28P/R-18/2012年10月発行
この同人誌以外で企業出資で発行をした同人誌はございません。

また、今後サークル参加を予定していたイベントへの参加は全て自粛する事に致しました。
アンソロジーも寄稿予定だったものは全て辞退のご連絡をさせていただきました。
主催者様方には多大なご迷惑をおかけしてしまい、本当に申し訳ございません。

今は大好きなFr/e/e!をこんな形で汚す事になってしまった事が恥ずかしくて仕方ありません…。
Fr/e/e!が大好きな方々に、こんなにご迷惑をおかけする事になってしまい本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
本当に申し訳ございませんでした。

疎い文章になってしまい申し訳ございません。
以上、今回の件についてのご報告とさせていただきます。



2014.4.15 
けなし愛!/みみすけ


Home


×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -