「....美奈子さん。こっち来て。」

放課後の生徒会室。
あたりは既に暗くなり、外の運動部の活動する声もだんだんなくなってきた。

美奈子は生徒会長の紺野と共に、来月の生徒総会の資料作成を残って進めていた。
こんな風に2人になれるから君が生徒会に入ってくれてよかった、作業中にこんなことを言いながら紺野は美奈子に微笑む。

そして、資料のホチキス留めがひと段落した頃、紺野は小さな声で美奈子を呼び止めた。

「はい?」
「その...抱きしめても、いいかな。せっかく2人きりになれたんだし。」
「...はい、ど、どうぞ。」

2人して赤面しながら、そっと体を寄せ合う。
紺野は、美奈子の髪からシャンプーの香りがすることに気づくと、それに酔いしれるように片手でやさしく髪を撫でる。

「はは...ごめん、どうしても緊張してしまうんだ。」
「わたしも...です。」

2人の間に沈黙が流れるが、決して苦しいものではなかった。時間の流れを噛みしめるような、甘酸っぱい時間。

「美奈子さん、...目を閉じて。」
「はい...」

恐る恐る目を閉じる。ふっと紺野の優しい香りがしたかと思うと、唇に柔らかいものが触れた。それは一瞬で離れ、美奈子の唇に熱を残した。

「好きだよ。」
「ふふ...私も、好きです。先輩。」

お互いに笑い合い、もう一度抱きしめ合う。
キスをしたあとは雰囲気が一変し、甘い時間が過ぎていく。

(このまま時間が止まればいいのに。)

「んっ.......」
「....っ」

もう一度唇を重ねると、先程よりも深く、長くお互いを求め合う。
美奈子は、呼吸が苦しくなって一度紺野の胸元を軽く叩く。すると紺野は慌てたように唇を離し、顔を覗き込む。

「ご、ごめん!苦しかった?」
「.......っはぁ、はぁ」

ぱっと顔を上げると、頬をほんのり紅潮させてこちらを見つめる紺野と目が合う。
いつもの紺野とは違う、“男”の顔になっている彼をみて、ドクンと心臓が跳ねる。

「大丈夫...です、先輩、もっとしたい...」
「........!!」

美奈子が紺野の胸元のシャツをきゅっと握る仕草が紺野を煽り、美奈子の後頭部に手を添え、深く口づけをしていく。

いつも皆の前で規律正しく、爽やかで優等生な紺野が欲情する姿に、ゾクゾクと興奮を覚える。
美奈子は、口内に入り込んでくる舌に一生懸命応えた。

「......ん、ん......っ」

いつのまにか室内には2人の吐息と、激しい水音が響き渡る。

「美奈子さん.....」

コツ、コツ、コツ.....

「!!」

教室の外から足音が聞こえ、瞬時に身体を離す。身体の力が抜けかけていた美奈子はよろけて、机に手をかけバランスをとった。

ガラッ

「まだ残っているのか?下校時刻を過ぎる。そろそろ帰りなさい。」
「は、はい.......」
「今、帰ろうとしたところです。」
「よろしい。」

学年主任の氷室がドアから顔を覗かせた。
平然を装い返答し、乱れる息を必死で隠す。

氷室が出て行ってから、足音が消えた頃、紺野が口を開いた。

「危なかったね。少しひやひやしたよ。もう帰ろうか。.....これ以上は、止まらなくなりそうだ。」

紺野が苦笑いをしながら言う。
外の電気は既にほとんど消されていた。

「家まで送っていくよ。」
「いえ、悪いです...もう遅いですし。」
「少しでも君と一緒にいたいんだよ。」
「........」

美奈子は、おさまったばかりの熱がまた顔に集まってくるのを感じ、目をそらした。

書類を片付け、室内の電気を消した。
廊下もほとんど電気が消されていて、暗い。

「暗いな。...手、かして。」
「....は、はい。」

美奈子のより一回り大きい紺野の手に触れると、ぎゅっと優しく包まれた。
温かいぬくもりに、つい口元が緩む。

暗い廊下は、いつも歩いているところなのに、なんだか違う世界のように感じた。
こつ、こつ、と2人だけの足音が響く。

(まるで、世界に2人しかいないみたい。)

暗がりの中でも、はっきり輝いて見える隣の恋人は、美奈子の視線に気づくと照れたように笑った。



END
×
人気急上昇中のBL小説
BL小説 BLove
- ナノ -