「廻夢の飴。」

    廻る、廻る夢を見る飴、あげるよ。





    猫と死神

    2014/03/04 07:55


    僕は二月に作られた雪うさぎ
    散らばる氷の粒で 太陽の光は届かない
    静寂が全て 駆け廻る犬も息絶えた

    僕の目に埋め込まれた青いカプセル
    睡眠薬って聞いた

    春は怖くない 身体が溶けだしたなら
    この目も溶けだすから

    暖かい光へ 意識のないまま WALK
    誰にも遭えないのに

    僕は眠らない物 ただ意識が無くなる
    繰り返して春が来る

    僕は二月に作られた雪うさぎ
    創生者の彼を捜す ねぇ 温もりを与えて
    太陽より先に 僕を溶かしてほしい

    溶けながら何を思うだろう
    思考回路は無い 矛盾が生じて笑った
    気が付けば 氷の粒といつもの静寂

    丸い太陽にくっついてる猫は欠伸
    何も無い世界を嘲笑うの
    僕の居る場所を誹謗するの
    傍の亡骸を見もしないの

    僕もあの猫と同じ 理解は捻じ伏せる

    僕は二月に作られた雪うさぎ
    創生者の彼を捜す ねぇ 温もりを与えて
    太陽より先に 僕を溶かしてほしい

    生きてないなんて嘘だよ ほら
    青い涙が流れてく 眠気に襲われながら
    響いてきた言葉 ラヴユーとシーユー

    遠くで猫の鳴き声 悔しいなら
    僕に近付いて 怖がらないで溶かしてよ
    でももう遅いんだ 彼が来たから











    上の階へ | 下の階へ







    ■お気軽に御感想等下さい(´`*)


「何処へ行くの?何処へ還るの?」|一歩戻る?
TOP+New!+リウム+REAL+廻夢++




BL小説コンテスト開催中
テーマ「禁断の関係」
- ナノ -