かなしくなったので、消えます

また、春になったら、違う場所で、ふらふら生きているかも、しれないけど、いまは、さようならです

ここは、わたしのなかで、静かに生かしておきますから、どうか、安心を。だいじな記録が、記憶が、たくさん、詰まっているからね

現実世界のわたしを知っている方も、どうか、そっとしておいてください、死んだりは、しない

えっと。みなさま、いままでありがとうございました



かごや











kirei da・



2964

3/2-pct

Oh,yeah.



れす







「溺愛」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -