×
人気急上昇中のBL小説
BL小説 BLove
- ナノ -



『わすれないで、わたしのこと』

 瞼を上げる。眦から何かが零れ落ちていく。視界に映るのは自室の天井――――それも、見慣れた天井ではなく、先日越してきたばかりの、木張りの天井。照明から伸びる紐に手を伸ばし、引っ張れば、薄暗い室内が明るくなる。

 身体を起こす。先日から使い始めた日本式の布団、床として敷き詰められた畳、その上に転がるCDプレイヤーやヘッドホン、CDケースが見える。頬を伝うぬるい液体を拭い、詰まりかけの鼻をスン、と鳴らす。

 嫌な夢だった。顔は良く認識できないけれど、まっすぐ私を見つめてくれている人がいるのに、そう願わずにはいられない。私は誰よりもあの場所でその人からの視線を浴びていたのに、そう言うのだ。

「Non dimenticarti di me...」

 なんて寂しいのだろう。

 それでも、私の定めだ。

 私はそのために、生きていく。


定められたその日まで