アロ白。暑いので水風呂ネタ※卑猥なのですがヤってない

全く、どうしてこうなった。
水風呂に浸かりたい。と言う意見を聞いて風呂の水を冷たい仕様にしたのは良いのだが。気持ちよすぎて少し眠ってる彼女の身体が凭れ掛かったままばしゃん。と水に全身を浸かりそうになったので慌てて押さえたら、こう――今すぐに理性が切れそう五秒前と言っても過言ではない体制になってしまった。此処に誰も居ないのが救いであったが、水に透き通る白い髪を自分の肌に垂らしながら、「んぅ…」と寝息を立てている。
――全く、寝ている際は無防備な顔をしている困った人だ…。
彼女を抱きかかえながら、ぱしゃり。と水を彼女の背中にかけた。

2022.07.02


/
×
「#切ない」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -