梅雨の時期ですね

「ラヴァちゃん、今日のご飯はてんぷらですよ〜!」
「お前がてんぷら上げると言うのは物凄い不安になるのだけど…ん?クルースとシーンはあんなところで何やってるんだ?」
「あ!ラヴァちゃん!ハイビスカスちゃんも〜!来てくれて嬉しいなぁ〜!」
「いや、たまたまだが…こんなずぶ濡れの雨の中何やってるんだ?」
「シーンちゃんと一緒にレンズちゃんとカタツムリの競争レースを見てるの!楽しそうだよねぇ〜!」
「……いや、こんなところでずぶ濡れの中撮影機とカタツムリの競争レースを観戦しているクルースたちの方が自由過ぎるのだが、あたしが感覚マヒしてるだけか?私だけか?」
「楽しそうだよね〜!ね!ラヴァちゃん」
「…突っ込む人居ねえのかよ……」


2022.06.13


/
×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -