13 積み木くずし


 ドライでイってしまい、腰がガクガクと上下に捩れ動く。それでもローター責めが止まるわけでもなく、胎のナカでは相変わらずバイブが快感をしたたかに送り付けてくる。ナカがぐりぐりと拡げられる感覚がする。それが、気持ちいいのだ。それに、最奥にはたまご型のローターがあり、ピンクローターで責められている間にもずっと、結腸を刺激され続けていたのだ。
 義勇はナカで蠢くバイブとローターの動きに翻弄されながら啼いていると、宇髄が股の間から手を出して義勇のペニスを挟むようにしてカリの表側と裏側に二つのローターを押し当て固定して、タコ糸でぐるぐる巻きにしてしまう。そして振動の強さが引き上げられ、ものすごい勢いで無機質なおもちゃがヴヴイイイイーと派手な音を立て震え出す。
 これはいけないと思う。
 カリは特に感じやすいというのに、こんなことをされては本当に狂ってしまう。狂って、身体だけになってしまう。
 しかしローターは容赦なく義勇のペニスに振動を送り込み、そして快感を流し込んでくる。そのうちに、射精ではない何か違ったものが込み上げてくるのが分かった。それは止めようもなく、義勇は絶叫しながら潮を吹いてしまった。
「ひあっ……!ひ、ひ、ひっあっあああああああー!!あああうううううだめえええっ!だめえええ気持ちいいっ!!でるっでるっ!イクッイクイクなんか出ちゃううううううっ、だめええああああー!!」
 潮はザーメンと混じり合った半透明なもので、結構な勢いで三発、鈴口から発射され義勇の腹の上や胸、そして顔にも飛び散る。
「おっ!三発も潮吹きやがった。すげえ勢いじゃねえか。そんなにいいか?」
 言葉と共にさらに責める形でバイブを激しく出し挿れされ、もはや悶絶の義勇だ。
「あはー!あはあああああー!!いやあっいやあああっ!!だめだっ!うずいいいい、やめっや、やめっ!あっああああああうううううっやあああああー!!」
「気持ちいいんだろ?そういうツラしてる。トロットロのツラ晒してるよ、オマエ。すっげえかわいい顔して善がってる。あー、俺ももう我慢できねえ。お前の声とか聞いたり顔とか見てるとめちゃくちゃ性欲そそられんな」
「あっあっ……ふあっ、うあっ……!!あっあああああああー!!」
 それから暫くの間、バイブを激しく出し挿れされ、アナルに埋まったローターのコードを揺らされ悶絶させられた後、徐にバイブが引き抜かれ、足の間に宇髄が入ってくる。
 そして、ピタリと宇髄の極太がアナルへと押し当てられ、ぐっと先端が入った。
「ああっ……!あっあっ、あああああああー!!チンポきたあっ!きたあああああっ!!あああううんんん気持ちいいよおっ!!だめええあああああんんんっ!!」
 ペニスは一度も止まることなく、ずぬぬぬぬぬーっと一気にアナルを犯し、限界まで挿れられるとローターが押され、結腸にローターが強く押し当たる。
「っかは!!あっあぐああああああああー!!ああああ、ひああああああああー!!」
 そのままピストンが開始され、宇髄は初めから遠慮することなくガツガツと腰を使ってきて、義勇の両足を持ち上げて膝裏に腕を入れ、ベッドに両手をついて腰だけで追い詰めてくる。
「あー……すっげ気持ちいい。完全にトロマンだな。ナカがめちゃくちゃトロトロじゃねえか。女のまんこみてえだな。ケツマンコだ。マジでトロットロ。おいトロマン、気持ちいいか?言ってみろよトロマン義勇」
「いいっいいっ!!ああああああああまたイク!!トロマンまたイっちゃうよおおお!!イクイクイク、ああああイックううううっああっあっあっあー!!」
 今度もドライでイってしまうが、宇髄が腰の動きを速め、そして乱雑に穿つことですぐにドライの第二波がやってくる。
「やあっ!やあああまたっ、またイっちゃう!イっちゃうイっちゃう!!イック……!イックうううううっああっあっあっああああああぐううううー!!」
 射精の何倍もの快感が襲いかかってきて、義勇は半狂乱で善がりペニスにはピンクローターが固定され、そしてアナルにはローターと宇髄のペニスが義勇のアナルを襲い、第二波から何度、絶頂に達しただろうか。といかく、数え切れないほどイキ、ドライの快感をしこたまに身体に覚え込まされ、宇髄も義勇のナカで何度イっただろうか。
 ナカが熱くて熱くて、そして言葉にならないほど気持ちいい。

×
人気急上昇中のBL小説
BL小説 BLove
- ナノ -