12 積み木くずし


 あまりの快感に目の前がチカチカッと光った気がした。後、やって来たのは怒涛の快感で、義勇は尻を上下、左右に激しく揺らし、絶叫しながら快感を訴える。
「うあああああ!!あああっあああうううう気持ちいいっ!だめえっだめだめ、気持ちいいっ!!いっやっあっあああああー!!」
 悶えていると、今度はバイブを何度も抜き差しされ時に浅く、時には深すぎるくらいに挿れられるバイブは今まで感じたことのないほどに気持ちがよく、完全に思考は停止し、感じるのは身体の気持ちよさだけだ。
 特に深く挿れられると、ローターが結腸に強く押し当たるため、たまらない快感が襲いかかってくるのだ。
「ああああああ!!うあああっあああううううイクッ!また、またイっちゃう!!しり、尻でイクッ……!ああああイクイクイクイクイク、ああっあっあっあー!!」
 ガクガクガクッと身体が傾ぎ、腰が跳ね捩れる。すると、追い打ちをかけるかのように宇髄の手によって奥深くまでバイブが挿れられ、ちょうどローターが思い切り結腸に当たる箇所までバイブが突っ込まれ、固定される。
「んっうううううううっあああああああー!!それっそれやだあああああ!!やだっやだっ!!おかしく、なるうううっああっあっあっあー!!」
 胎内でバイブがヴインヴインヴインヴインと音を立てながら腸壁を掻き混ぜてきて、その上ローターにもその動きが伝わり、義勇のS状結腸から流れ出る快感は相当なものだ。
 気持ちよすぎてたまらない。本当に狂うと思った。狂ってしまう。このままこうされれば、間違いなく狂うだろう。だが、宇髄に容赦はなくさらに奥深くにバイブを刺し挿れてくる。
「ぎゃんあああああー!!あああっあああっぐうううううううー!!ううううっうっうっあああああああ!だめやだっやだイクッ!!もうっ、いやだあイックううううううううっああっあー!!」
 またしても腰が捩れ、ガクガクと上下に跳ね上がるが宇髄のバイブを固定している手だけは執拗に追ってきて、ぐっぐっと強くナカへバイブがさらに挿れられる。
 胎内でヴインヴインヴインヴインと音を立てながらバイブが回り続け、連続してイった義勇だが、またさらなるイキを感じ、絶叫を上げながら連続イキを体験する。
「やあっ!やああっ!!やあああああー!!ああああっぐっうううううっううっうっうっあー!!」
 腰がさらに跳ね上がり、義勇は本日一度目となるドライオーガズムの波に攫われ、イってしまう。
 ザーメンを吐くよりも数段快感の強いそれは、さらなるイキを促してきて、宇髄の手によって最奥にまでバイブが挿れられ、ローターの振動とバイブの動きがモロにS状結腸に響き、二度目のオーガズムがやって来て、叫びながらさらにイキを重ねてしまう。
「うあっうあっ!うあっうっああああああイクイクイクイクッ!!イックううううっああっあっあっあー!!あああああー!!」
 そこで一旦、宇髄の手が止まったがバイブはアナルに刺さったまま、ヴインヴインを音を立てながら胎内で動き続ける。
 言葉にできないほどの快感をしこたま送り込まれ、義勇の頭の中は既に真っ白で、何も考えられないほどに意識も薄ぼんやりとしている。
 ただ感じるのは身体に走る快感だけだ。
「かなりイったな……。こりゃすげえ。よーし、さてっと。じゃ、次はコレだな」
「コレ……?」
 先ほどはドライオーガズムでイったので、義勇のペニスはしっかりと硬度を保ったままだ。義勇は股の間から快感で霞む頭を駆使して何をするのか見ていると、二つのピンクローターのスイッチを入れ、それを両手で持ったと思ったら、それは股間に寄せられ、ギンギンに勃起した義勇のペニスの先端をローターで挟んできた。
「っっ……!あ!!あっああっ、あああああああー!!」
 アナルではバイブが暴れ、ペニスにはローターの細かな振動が襲いかかってくる。
「ああああだめえええ気持ちいいっ!いいっいいっいいっいいよおおおお!こ、んなのだめえっ!だめええ!!」
 二つのローターはヌルヌルとペニスに強く押し当たるようにして這い回り、義勇に快感を送り付けてくる。この微妙な振動がたまらないのだ。
 縦横無尽にペニスの至るところに当たるローターが気持ちよすぎる。ペニスだけではない、プルンプルンに膨らんだ睾丸や会陰部にも滑り、またしても射精ではないオーガズムがやって来る予感がしたと思ったら、二つのローターは亀頭を中心に刺激してきてあっという間に絶頂に押し上げられる。
「ああああああ!やああっ、やあああああー!!あああううううううイキそうっ……あっあっ!!あー!イクッ!イクイクイクッ!イクッうっあー!!」

×
人気急上昇中のBL小説
BL小説 BLove
- ナノ -