11 積み木くずし


 宇髄の手でイかされたペニスから出たザーメンはすべて、義勇の着ていたバスローブに飛び、射精の快感に酔っていると、前立腺を撫でながら、ずるり……とアナルから指が出てゆく。
 途端、身体から力が抜け、そのままうつ伏せに倒れてしまう。
「よし……イったな。まずは一回目。今日は何回イクかな?」
 まるで、身体で遊ばれているようだ。遠くでそう思ったが、思っただけに終わり肩を掴まれ、仰向けにされたと思ったらバスローブの前だけを開かれ、腰の下に枕が敷かれた。最早、抵抗という言葉の意味すら忘れ、ただひたすらに快楽を追おうと思った。その方が、きっと楽になれる。身体だけになってしまえば、つらいことも無くなる。恥ずかしくも無くなる。
 流されてしまえ。
 心の何処かで誰かがそう囁き、義勇は自分から足を大きく開き、M字に構えた。
 勝手に呼吸が浅くそして早くなる。次は一体、何をされるのだろう。
 熱に浮かれた表情でそんなことを考えながら何度も唾を飲み込んでいると、宇髄が足の間から入ってきて、義勇の顔を覗き込んだ。
「どうした?とうとう観念でもしたか?」
「ん……なんでもいい。どうでもいいから、たくさんイキたい。イって、楽になりたい……」
 すると、ぷちゅっと唇に口づけが落とされ両手で頬を包まれる。
「たくさん、イかせてやる。いやってほど、イけよ。俺の手で、イキまくるオマエ、すっげえ見たい」
 宇髄は身体を伸び上がらせたまま、手探りで何かをいじっているようで股の間からごそごそと何かが動く音が聞こえる。そのまま黙っていると、カチッという音と共にヴヴイイイイイイーといったローターの動く音が聞こえ、ピタリとそれがアナルへと押し当てられると細かな振動がアナルから送られてきて、早速、快感を拾ってしまう。
 だが、ここまで来て未だ抵抗しようという気持ちが残っていたのか、思わず腰をずりっと動かすと、宇髄がそれを宥めるようにキスしてくる。その口づけを受け止めていると、ぐっと強くローターがアナルにさらに押し当てられ、先端がナカへと挿れられた。そしてゆっくりゆっくりと、振動を与えられながら胎内へと押し挿れられてゆく。
「はあっ、はあっ……あああああんんん、気持ちいいっ……!気持ちいいよお、あああああー……はああん感じるっ……」
 ぬるんっと最後はすんなりと入り、腰が上がっているためローターはナカの奥深くへと沈み、S状結腸の手前にあるリング部分で止まり、そこで振動が強くなり突然の衝撃に、思わず腰が飛び跳ねる。
 眼も眩むような快感だ。
「あああああああー!うああっうああううううっ!ひっいっあああああー!!あああう奥ぅ!奥、奥、奥、奥うううううっうっああああー!」
 尻が勝手に動いてしまう。上下左右に動き、やってきたのは強烈なオーガズムだった。
「ああ気持ちいい!イク、イクうううううっあああああああ!やあああ、やああああああ!!」
「よし、イけ!ド派手にイけ!」
「ああああ、あああううううう、イックううううう、うううっひっいっあああぐううううー!イックうううう!!」
 尻がべつの生き物のように揺れ動き、ザーメンは出なかったので空イキとなるが、二度目のオーガズムは意識が飛ぶほど気持ちよく、義勇は尻を縦横無尽に動かしながらイってしまった。
 それでも尻の動きは止まらず、ゆらゆらと揺れながら快感を享受していると、宇髄がコードを上下に揺らしてきて、その所為で要らぬ快感が送られてきて尻の動きの勢いが増す。
「いやあああ!やあああああああ!!」
「これだけでイったのか。すげえなオマエ。なんつー淫乱だよ。つかイキ顔すっげかわいい」
「やあああああー……ああああ、あああうううううう」
「よっしゃ、じゃあ次はバイブかな。おい、そのままの姿勢でいろよ。お前にいいモンくれてやる」
「うっうっ……ひっ、うううううう、あああああああー……!」
 ナカのローターが気持ちよすぎる。
 思考がトロトロに蕩けてゆくのが分かる。そうやってローターの振動に身を任せていると、上から宇髄が退き、その代わりにヴインヴインといったバイブの動く音がして、アナルに無機質で冷たいなにかが押し当てられ、胎内の肉を割りながらずるずるとナカへと埋め込まれてゆく。
 これもこれで、気持ちがいい。バイブの動きがナカを掻き混ぜる形でGスポットにも当たる上に、それはローターを押し上げてきてとうとう、S状結腸にローターが当たる。

×
「#切ない」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -