13 心臓に爆弾


 ゆっくりと腰が蠢き始める。義勇は宇髄に抱きつく形でしがみつき、襲い来る快感を全身で享受する。初めはあんまりにも感じるのが恐ろしく思えて、体重をすべて宇髄に預けてはいなかったのだが、快楽欲しさに負け、一気に足の力を抜くとリング状だと思われるそこへと宇髄の硬茎が突き刺さった。
 途端、ものすごい快感が先ほどと同じくまたしても身体に走り、自分から腰を動かしてしまう義勇だ。すると、下から宇髄の力強い突き上げが始まり、何度も何度もリング部分へと先端が当たり、その度に義勇は啼いた。
「ああっ!あああっあっうっんんんんっ!んっんっんっんっ、んんっ……ああああ気持ちいいっ!ああっあっいい、いい、いいよおっ!だめええいいっ!」
「いいからヤるんだろ。もっと奥だろ?そこに、イイトコロがある」
「はあっはあっ……い、イイトコロ……?して、して。イイトコロ、して」
「うん、ちゃんとおねだりできるイイコだな、義勇は。よし、もういっちょいくか!掴まってろよ」
 頷き、ぎゅっと宇髄の頭を抱えると、下からの猛攻が始まった。
 思わず義勇は「かはっ……!」と一瞬、あまりの激しさに噎せ、後、絶叫がのどから飛び出す。
「うあああああ!やあっやああああああー!!あああっあううう気持ちいいっ!いいっいいっあ!あっあっ!いいっあー!!」
 ガンガンに下から突かれ、リング部分からさらに奥に硬茎がめり込もうとしている。それもまたかなりの快感を呼び、必死で宇髄に掴まり義勇からも腰を揺らしたところで、その行動が宇髄を煽ったのか、さらに奥めがけ腰を使って突き上げてくる。
 もはや半狂乱の義勇だ。そして、なにかが迫ってきていると思う。なにかは分からない。だが、胎のナカで確かに快感の泡が膨らんでは消え、その度にぶわっと身体中に快楽が拡がる。それを何度も繰り返すうち、言葉にもできない快感が義勇の中で生まれ、そして弾けようとしていた。
「うあっうあっ!うっあっああああああ!だめ、だめだめだめ!やだっ、ヘンなの、変なのくるっ!すっごい、変なのがっ、きちゃうううううっああっだめえええ、だめえええああっあっあっあー!!」
 快感の泡が思い切り弾けた途端、頭の中が真っ白になり、身体がガクガクガクガッと妙な具合に傾げ動き捩れるが精子が出ない。そのことにも気づかず、さらなる宇髄の責めによりまたしても連続で達してしまう義勇だ。
「やあああああ!やああっやああああまた来るっ!きちゃうきちゃう!きっちゃっ、うっうううううっああっあっあっあぐうううううー!!んああああ!!っあー!!」
「はあっはっ……メスイキしたな、義勇。はあ、こっちもたまんねー。めっちゃくちゃ気持ちいい。はあっ、じゃあ結腸いくか」
 義勇にその言葉は届いていなく、連続してメスイキの波に攫われていると、宇髄の硬茎がさらに奥へとめり込み、なにかぶちゅぶちゅとした箇所に先端が当たり、またしても頭の中が真っ白になるほどの快感が胎内へと送りこまれ、またしても達してしまう義勇だ。
「あうっあうあうあー!!うあああああ、そこっ、そこぉぉっ!!だめえええっああっあっあっあー!あああうううイっちゃう!イっちゃうイっちゃう、イックうううううう!!」
 今度はメスイキではなく射精をし、自分の腹と宇髄の腹に恥汁を何度にも分けて吐き出してしまう。身体がまたしてもガクガクと傾ぎ、腰が勝手にぐりぐりと捩れる。それでも動きを止めてもらえなかった義勇はまたしても連続で達してしまい、ナカの宇髄を思い切り締め付けてしまう。
「っく、ぐうっ!義勇っ、締め付けんなイっちまう!」
「ああっああっ!ああっくううう、気持ちいいっ!ああっああっああっ、いい、いい、いいっ!い、いいっ!あうっうあああまたイクッ……イ、イ、イっあっあああああー!!」
 またしても独り、イってしまう義勇だ。胎の中が勝手に動いてしまう。そして、ナカにいる宇髄を思い切り捏ね上げてしまい、そうすることで宇髄にも限界がやって来たのだろう、急に腰の動きが乱雑になる。
「イクぞ、義勇、ぎゆう俺もイクッ!……あああクソ、マジでヤベエ、イっちまう!」
「ああっ……はひっはひっ……ま、またイクッ……も、もういやああ!!いやあああイクッ!ああああうずいも、宇髄もイクッ!イって、イって、イってええええああああ!!ああっあっあっあー!」
 ぎゅぎゅぎゅっと胎内が勝手に締まる。
「ああクソッ!限界だ、義勇イクぞ!ナカ、ナカに出す!俺の、お前ン中にブチ撒けてやる!中出しだ!」
「出してっ……う、宇髄の白いの、ちょうだい!ナカ、ナカ出して!ナカ、ブチ撒けてくれええっ!」
「……イクッ!!ああああクソ、イクッ!……イクイクイクッあー!イクッ!!」
「うあああああ!ああああううううイっちゃうよおおお、イクイクっああっあっあっあっあー!!」
 二人はほぼ同時に達し、二つの身体がガクガクガクガクッと妙な具合に傾ぎ捩れ、ナカで先端が一際大きくなったと思ったら、一番感じる最奥にて熱い飛沫を何度も感じた。宇髄がナカでイっているのだ。硬茎もビグビグと痙攣し、そして二人はベッドの上に倒れ、暫くイった快感を愉しむ。
「あっはあっはあっはあっはあっ……う、うずい……はあ、死ぬ……こんな、きもちいいなんて、死んじゃう。死ぬほど、きもちいいって……」
「はあっ……俺も気持ちよかった。てか、お前って顔もいいしアナルも名器なのな。ギュンギュンに締め付けてくるから我慢すんの大変だった。……それより」
「ん……?……ん、んンっ……」
 至近距離にあった顔がさらに近づき、あごを掬い上げられ柔らかな口づけが降ってくる。余韻を愉しむような口づけだ。じっとりとしていて、それでいて濃厚なそれはさらに義勇をトロトロに溶かす。

-37-

prevnext

×
「#切ない」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -