12 心臓に爆弾


 そのうちに、強烈な射精感が襲ってくる。
 もはや我慢などという言葉も何処かへ置いてきた義勇は、ぎりぎりっとシーツを握りしめ、足をバタつかせ、背を海老反らせながら大声を張った。
「やっあっやあああああー!!あああううううでるっ!で、で、でるでるでるっ!でっあっあっあっイクッイクイクイクッああっあっあっあー!!」
 身体中が快感に包まれ、頭の中が真っ白に染まる。宇髄の手はそれでも止まず、達しながらさらに達するという荒技に持ち込まれ、連続でイってしまう。
「やあああまたイク!!イクイクイクイクッ……っあ!あああああー!!」
 射精してしまっている。それも、二度続けて。白濁液は何度となく宇髄の手や、義勇の身体に飛び散り、身体をガクガクガクッと傾がせ、捩りそして跳ねさせて義勇は絶頂に達した。とてつもない快感に、達しても未だ身体が気持ちいい。
「ああ、ああっ……うっ、ああああああー……!あああ、うううううう……」
「義勇?ぎゆうー、聞いてるか?って、完全に飛んでんな、こりゃ。おい、義勇って」
「あっうっ……き、き、きもちいい……こ、んな、きもちいいなんて、きいて、ない……」
「俺がまだイってないから続けるぞ。てか、挿れちまうけどいいか?」
 宇髄が何を言っているか分からない。それほどまでに義勇の頭の中はまだ霧がかった状態で、完全に賢者タイムに入ってしまっている。
 だが、宇髄に容赦はなく遠くで金属音を聞く義勇だ。それがベルトを外している音だと気づいたのは一瞬後で、すっかりと弛緩した足をM字に開かされたと思ったらずいっと、宇髄が足の間に入り込んでくる。
「んっ……?」
「いくぞ、義勇。俺も気持ちよくしてくれよ、オマエの身体で。ほら、チンポ挿れるぞ」
「えっ……ちょ、まっあっ……あっ!やー!!ああああああああ!!」
 熱く硬い塊が秘所に押し当てられたと思ったら、ぐっと突然胎内へとめり込んでくるその衝撃に、義勇は啼いた。だが、それが止まることは無く肉襞を捲り上げながらずんずんと腰を使いながらナカへナカへと入り込んで犯してくる。その言葉がピッタリと来るほどには、その肉塊は大きくそして長く巨大だった。
「うっぐっうううううう……ふ、ふと、ふとい、太いぃ……!くるしい、よぉ……ナカ、宇髄のカタチに、なっちゃうう、くる、しいいい……!」
「最後まで挿れてからな。あー、お前ン中めちゃくちゃ気持ちいい。しかしナカきっついな。キュンキュン締め付けてきやがる。名器だな、お前のココ。すっげえ気持ちいい。おい、動くぞ」
「だめ……やだ、きつい、裂ける。裂け、ちゃうううう……!」
「だったらローション足してやる。一緒に気持ちよくなろうぜ。な?義勇」
 トロトロと繋がっている秘所に零し落とされる大量のローション。それを感じつつ、義勇はゆっくりと動き始める宇髄の硬茎をナカに感じながら、硬く目を瞑る。すると、感度が数段増した気がした。
 ローションのおかげで痛くは無くなったが、その代わりに異物感が身体の内から這い上がってくる。自然、義勇からの反応は薄くなり、宇髄もそれを感じ取ったのかM字に曲げられていた足が思い切り持ち上げられ、宇髄の肩に引っ掛けられる。
 思わず驚いて目を見開くと、宇髄は薄笑いで腰をずんっと強く義勇に押し付け、その途端だった。またしても激しい快感が胎内でぶわっと湧き上がる。
「あっ!あううううっ!!」
「ココ、だろ?そりゃ、挿れられてるだけじゃつまんねえよな。よし、義勇ついて来い。いくぞ」
「ま、まっ……待って、そんな、そこ、そこはっ……あっあああああ、うああああ!!」
 宇髄の硬茎がモロに前立腺へと擦れ、そして巨大なためにS状結腸手前のリング部分にまで突き刺さる。その快感といったらなかった。今まで感じたことのない快楽に、すっかりと翻弄される義勇だ。
 頭の中が、また薄っすらと霞みがかってゆく。そして、身体だけになってしまう。
「あっあっあっ!もっと、もっと奥ぅ!奥、おくしてっ!奥っ……あっああああ!」
「奥?……って、ああ。結腸か。よし、初めてで結腸ってなかなかハードだけどまあ、大丈夫だろ。オメーは結構淫乱みたいだしな。うっしゃ、気合い入れねえと!よし、義勇」
「んっんっ……早く、早く奥っ……奥ぅっ……!」
「こっち来い、義勇。その方が突っ込みやすい」
「んっ……えっ?こっち……?」
 ぐいっと手首を引かれ、一息で上半身が浮き上がり、所謂対面座位へと体勢を変えられる。そうすることでさらに奥に宇髄が入り込み、義勇は身体を震わせながらゆっくり吐息を吐く。
「はああああああ……すごい、奥にっ……入ってる。宇髄が、入ってくるっ……!んんっはあっ、気持ちいい」
「動くぞ」

-36-

prevnext

×
「#切ない」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -