警戒してていい。

私といて、少しでも笑ってくれたならそれでいい。




はじめてのあさ。




(…なんて、それでも私には高望みだと思っていたのに、)


目の前には大好きなあなた。
人懐っこそうな愛しい笑顔。

警戒心の欠片も見当たらない彼女は、
なぜか私の上にいた。

…正確には寝転んでいる私の上に跨っている状態、なんだけれども。


「おはようロビン!」

今日も可愛い。でもなんでそんなところにいるのかしら。

「おはよう航海士さん、なん」


がばっ


なんで、という前に抱き締められる。

「ちがう!ナミ!」

ほんのさっきまで可愛く笑っていたのに、何故だか頬を膨らませている航海士さん。
ナミ、って…好きな人だもの、名前はちゃんと知ってるわよ?

私が不思議な表情をしていることに気付いたのだろう。
航海士さんはちょっぴり泣きそうな顔で きっ 、と私を睨み付ける。

「航海士さん…?ごめんなさい、私なにか、」
「昨日は、」

…え?

「…昨日は、ナミって呼んでくれたじゃない…ロビンのバカ!」

はっ、と。流石に鈍感な私でも気付いた。

うるうるのおめめ、拗ねた表情、

「…ナミ?」

そんな顔にさせてしまってごめんなさい。
気付かなくて…それと少し気恥ずかしくて。

「ごめんね、ナミちゃん。許してくれる?」

伺うように顔を見上げると、
にやにや笑いのナミちゃん。

「…ロビンのばーか。」

言いながら顔が近付いて、え、あ、待って、


ちゅ。


「…これで許してあげる♪さ、朝ごはん行こう?」


ばたん。

綺麗に、でも悪戯っ子みたいに笑いながらナミちゃんが部屋を出て行く。
残ったのは、頬を抑える私。


(あなたと一緒に日々を過ごしたい。)
(あなたの笑顔の源になりたい。)


(こんなに暖かな日が訪れると思わなかった。)


「顔が、…あついわ。」


ああもう、はめられた。




+++
リ!ハ!ビ!リ!\(^0^)/文才!何処!
恋人になって迎えた初めての朝でした。
あ、もちろん何もしてません☆
ちゅーもほっぺです。プラトニック!

このあと頬が紅潮したままラウンジに行って、
チョッパーあたりに熱があるのか心配されて、
そんでまた赤くなってるといい。←


<<























×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -