今夜も眠れない。








「…ふぅ。」


遅くなっちゃた…いい加減今日は休もうかな。

ここ最近夜に上手く眠れなくて、
すっかり昼夜逆転生活。

このあたりは気候も安定してるから、まあ良いんだけども。
おかげで航海日誌も今の時間までかかっちゃって…なんだか疲れた。

時間は多分、深夜過ぎ。


流石に同室のお姉さんも寝てる頃だと思う。

きっと可愛い寝顔なんだろうなぁ…。
急激にロビンの顔が見たくなった。


しかし長い時間なにも採らずに書き続けていたせいか
随分お腹が空いている気がする。

お菓子でも探そうかなーって部屋を出たら丁度サンジくんと鉢合わせた。

こんばんは。


「あれ、ナミさん。こんな時間まで作業してたのかい?」
丁度煙草を吸う所だったみたいで、ライターの火が彼の手元で踊っている。

「うん、お腹が空いちゃって切り上げたトコ。」
「じゃあ何かお夜食を作りますね。部屋まで届けましょうか?」

まだ火の付いていなかった煙草をケースに戻し込みながら彼は言う。

「ホント?ならお願いしようかな。」

「かっしこまりましたぁー♪」

さらりとした動作で一礼をして、ドアの向こうに彼が消える。




『部屋まで、』

そう、きっと彼は知っているのだ。

私が彼女に好意を抱いていることに。



早く部屋にと急ぐ足を抑えて、ゆっくりと女部屋へ向かう。

広くなった船内はギシギシと呻きもしない。
微かな音を立てて部屋に入った。


並んだベッドの奥には壁側を向いてロビンが寝ていた。
そっと顔を覗き込むと、少し口が半開きなっているのがわかる。

かっ…

「可愛い…」

おっと危ない鼻血が。


溢れ出る情熱(欲望と鼻)を抑えて、しばらく寝顔を眺める。

壁側に向いていた顔がゆっくりとこっちを向いた。
昼間の大人の顔じゃなくて、無防備でいつもより少し幼いロビンの顔。



無意識に少しずつ、寝顔に近付く。

我慢が効かない。ごめんね、


「ごめん…ロビン。」

いただきます。




起こさないようにそっと身を離して、

自分のベッドに顔を埋めた。

「柔らかかった…ロビンのほっぺ。」


好きでもない人に唇を奪われるなんて可哀想だから、

唇の横に口付けた。

ただそれだけでも心臓が酷く騒いでいる。



コンコン。扉が鳴る。

サンジくんがサンドイッチと紅茶を持ってきてくれた。

「冷たいのにしたけど、良かったかな?」
サンドイッチと紅茶をテーブルに置きながら彼が言う。

「きっと熱を冷ましたいんじゃないかなァ、って思って。」

楽しそうな、優しそうな笑顔で彼がそんなことを言うので、


「レディーの事はなんでもわかっちゃうのね?」

素直にありがとうなんて言えるわけもなく。



おやすみ、とだけ手を振って彼は去ったので、

とりあえず淹れてくれた紅茶を一口飲んで落ち着いた。



あまりにも愛おしい彼女を思うと、

自分の理性が少しずつ効かなくなっている事を
自分でも自覚はしてるから。



「あいしてるよ、ロビン。」

ベッドでは彼女がまだすやすやと眠ってて、


隣にいる私は今にも崩れそう。




ああ、今夜も眠れそうにない。








+++
あれ、なんかよくわからないオチですね。
文才欲しいなー溢れ出る妄想を何とかしたいなー。
くっつけてあげたのに文才がなくて書けません。
あ、サンジは何でも受け止めてくれると思う。




<<





























×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -