トロンプルイユの夜舞台では



宙のアルコーブに隠された騙し絵に 意味を探して目を凝らす。

明滅しながら這う赤。 その向こうの青い過去。

等間隔に並んだオレンジは 滲むけれど交わらないから

越せない白線上に立って なぞるようにさ迷う指先で

半永久に繋がれた糸に嫉妬しては結び直すふりをしている。

剥がれない夜の帳の下で 指揮棒を振るように、ほら。

「少なくとも僕たちよりは永遠だ」

どんなに混ぜても透明にはなれない僕たちは

瞬くように溶けていくのに



お好きな所で切って繋げてお使いください

トロンプルイユ=騙し絵
アルコーブ=凸所、一部が入り込んで小部屋のようになっている部分、空間

top

×
グランプリ賞金5万円!
BL小説コンテスト開催中!
- ナノ -