Valentine*2015

〜マヴロスセリニ女子組がガトーショコラを作るそうで!〜
レア。純情な愛の妖精お姉さん。
マーサ。明るく元気なロリコンお姉さん。
ノエリア。素直で天然ボケな爆弾ロリ。
ユピテル。ぼーっとしてるお兄さん。レアの大切な人。

◇込めるもの
「うーン……料理上手に手作りチョコをあげるなんて……緊張するワ」
「だぁいじょうぶですよレア様〜!愛を!爆発するような想いを込めれば!上手い下手なんて!!」
「爆発……それなら私特製の爆薬を」
「わー!わーっ!!ノエルそれはだめ!爆発(物理)はだめ!!!」

◇その想いは誰がために
「ところで二人は誰にあげるノ?」
「っ、わ、私は……マーサに……」
「ほんと!?嬉し……っあたし、感動で泣いちゃう……;;」
「マーサには聞くまでもなかったわネ」
「……?マーサは誰にあげるのですか?」
「ああああ!そんなおとぼけな所も!好き!!!」

◇マーサさん実は特技
「マーサ、お料理上手なのネ」
「はい、小さい頃に教わりましたので!お菓子だけは得意です!」
「……」(高速卵解き)
「あっノエル、それだと空気入っちゃう、もっと優しくこうして……」
「むぅ」
(教え方も上手い)
「ノエルは手際いいし、きっとケーキ作りが上手だね!今度一緒に作ろう!」
(フォローも上手い)

◇よくやるよね
「チョコを溶かす……火にかけるのかしラ?」
「そんなことしたら爆発しますよ……!」
「爆発」
「閃かないで!チョコを溶かすにはお湯を」
「入れる」
「入れない!」
(漫才……)

◇彼の好み
「そういえば、ビターで良かったんですか?」
「テルは甘さ控えめの方が好きなのヨ」
(良いこと聞いた)
「好きと言えば……レモンも好きネ、チョコに合うかしラ?」
「なるほど!!じゃあレモンリキュールをちょっと入れましょ!!」
「マーサ、ご機嫌ですね」

◇ふくらむ
「これで、オーブンで焼けるのを待ちます」
「そしたら完成ですか?」
「それでもいいけど、冷ました方が美味しいよ!」
「待ち遠しいわネ……」
「お菓子作りも恋も、ゆっくりじっくり待つのが大事、だね!」
「上手くできるといいですね」
「上手くさせるためにあの繊細な準備があるの!」

◇純情
「ガトーショコラ!完成!」
「なんとかできたワ……」
「盛り付けます?ラッピングします?」
「直接食べて頂けた方がいいのでは……」
「そうだね!よしじゃあ粉糖でハートを描きましょう」
「はっハートを……っ!」
「えっ何でそこでガチガチ!?」

◇大丈夫大丈夫
「あまりにレア様が緊張の面持ちだったのでクッキングペーパーの型を使いました」
「あとは渡すだけ、ですね」
「だだだだ大丈夫かしラ……!」
「も〜!大事なとこで!」
「いつも通り、笑顔のレア様でいれば問題ありません」
「本当……?」
「ほんと!いってらっしゃいませ!」

◇素直
「ノエルナイス!」
「私が思ったことを言ったまでです。レア様は笑顔が素敵です」
「ノエルも可愛いと思うな、笑った顔」
「マーサも“黙っていれば”笑顔素敵ですよ」
「うわ流石ノエリアさん酷い!」
「……冗談ですよ」
「このいたいけな幼女に振り回されるあたし……!」

◇イメトレ大事
「テル、貴方のために作ったノ……!食べてみて……!」
『うん、美味しいよレア』
「本当?よかったワ……!」
『ありがとう、大好きだよレア』
「私もヨ、テル……!………………よしっ、練習完了!」
「レア、何してるの?」
「あああああああ!!!!」

◇最高の味付けってのは
「あっ、あーえーっとその……」
「チョコの匂い、……バレンタイン?」
「そっそう!それでっ」
「手作り?すごい……食べても、いい?」
「あ、う、うん!食べテ!」
「……僕、レアが作ったの……初めて食べた」
「お味はどうかしラ……」
「……とっても、美味しい」
「ほ、本当に?」
「うん……びっくりするくらい、好きな味」
(だって貴方のために、好みに合わせて作ったから……!)
「……レア?」
「ううん!お口に合ったのなら良かったワ!」

◇彼なりの感謝なんです
「……レア」
「何?」
「口、開けて」
「へっ?え、えっ?」
「一緒に、食べよう」
(待って!これって所謂一つのあーんってやつでは……!)
「……」
「い、いただきます」
「美味しい、ね」
「うん、」(恥ずかしすぎて味なんて分かったもんじゃないワ……!!)

◇そういう病気
「上手くいったみたいね」
「そのようですね」
「さてじゃああたしからも!はい、ノエル!」
「私に……?」
「だって本命ノエルしかいないもーん!」
「嬉しいです、ありがとうございます……!私からも、どうぞ」
「あーもうノエルがぐうかわ天使で幸せか、死のう」
「マーサ!?」



*****

いつもと違うテイストで。
バレンタインで書いててしかも書き終わってたのに一ヶ月以上忘れていたなど……!
今回のSSS群は元々ついったで上げてたやつです。
今では全部消してますけど。
それ故ひとつひとつが140文字前後になってます。
うちのリア充どもは末長く幸せに爆発して欲しいです。(親馬鹿)
一ヶ月遅れのバレンタインとなってしまいましたがほんのりと味わって頂けましたら幸いです。


Thank you for reading!!

2015/03/17
2016/05/05 修正(顔アイコン設置)


[back]


[しおりを挟む]



「溺愛」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -