これまでの病気の経緯 | ナノ
「おっさん受け」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -

TOPへ戻る


【悪性リンパ腫の治療経緯】
これまでの治療経緯です。
詳細は各日付を選ぶと記載されてあります。


2014/12/03  病院から気管支炎と言われる

2015/1/22   病院から電話。肺のレントゲンに異常。

2015/1/24 縦隔腫瘍の疑い

2015/1/26 大学病院で緊急入院

2015/01/29 初めてのMRI

2015/02/03 核医学検査

2015/02/05 抵抗力の問題によりプレドニン減量

2015/2/10 「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」と診断

2015/02/12 二度目の骨髄穿刺

2015/02/14 初めての内視鏡検査(胃カメラ)

2015/02/15 食欲不振

2015/02/16 血液内科の病棟に移動

2015/02/17 Rチョップ療法の話を聞く

2015/02/20  抗がん剤初日

2015/02/24  若干腫瘍が小さくなっているという報告を主治医から聞く

2015/02/25 酸素濃度が91〜93と若干低め。

2015/02/25 倦怠感と白血球が2000まで減少。

2015/02/26 薬の影響で幻覚と幻聴の症状が起きる

2015/02/27 リツキサン初日

2015/03/01 起立性低血圧の可能性

2015/03/03 白血球700まで低下。血小板5.5。白血球を上げるため注射。

2015/03/04 頭痛と吐き気

2015/03/06 腰痛が起きたため注射中断

2015/03/07 食欲不振と倦怠感

2015/03/14 退院

2015/03/17 2クール目抗がん剤

2015/03/18 2クール目リツキサン

2015/04/07 3クール目抗がん剤

2015/04/08 3クール目リツキサン

2015/04/12 ふらつきと吐き気

2015/04/17 抗がん剤による吐き気が起きる

2015/04/28 4クール目抗がん剤

2015/04/30 4クール目リツキサン

2015/05/07 微熱と吐き気

2015/05/15 手の震えのため脳のMRI検査

2015/05/19 5クール目抗がん剤

2015/05/20 5クール目リツキサン

2015/05/25 胸の痛みと貧血症状

2015/05/26 MRI検査の結果脳に異常なし。

2015/06/09 6クール目抗がん剤

2015/06/10 6クール目リツキサン

2015/06/17 胸に嚢胞見つかるが、良性の嚢胞の可能性

2015/06/18 高熱で緊急入院。白血球の数値300

2015/06/20 36.7にまで熱低下。

2015/06/21 眠気が続く

2015/06/23 退院

2015/07/07 7クール目抗がん剤

2015/07/08 7クール目リツキサン

2015/07/13 副作用で背中や身体の痛みを感じる

2015/07/16 37度代の微熱が続く

2015/07/28 最後の抗がん剤

2015/07/29 最後のリツキサン

2015/09/26 初めてのPET検査

2016/04/06 二度目のPET検査





抗がん剤の種類
(点滴による化学療法)
アザセトロン10mg(5分)
ドキソルビシン95mg(10分)
オンコビン2mg(5分)
エンドキサン1400mg(60分)
生理食塩水


吐き気止め:アザセトロン、イメンド
抗がん剤:ドキソルビシン、オンコビン、エンドキサン

リツキサンで初め辺りは喉に違和感を感じるものの、リツキサンの回数を増すごとに喉の違和感なくなる。




TOPへ戻る