拍手 | ナノ




「ん……」


差し込む光が眩しくて、思わず眉を顰める。

ああ、朝か、すぐにそうわかったのに重たい瞼はなかなか開いてくれなくて。


微かにコーヒーの香りが鼻孔を擽るものの…


(…うっ…イタタ…)


次の瞬間に襲ってきたのは、ガンガンと響くような頭痛。



(そうか…昨日…)


だんだんと蘇ってくる記憶と共に、気怠い体をゆっくりと起こした。



『…起きましたか?』

「……へっ」


起き抜けに声を掛けられて、素っ頓狂な声が出た。

ハッとして声の方を見ると、そこには呆れ顔の見知った人物が……



「えっ!?薬売り先輩…え!?なんで!?」

『……はぁ』


慌てる私と対照的に、彼は面倒そうに溜息を零すと手にしていたマグカップを傾ける。



(何…何なのこの状況は…!?)


言葉を失いながらも、こっそり部屋を見回してみれば。


見たことのない家具。

見たことのない天井。

…そしてなぜか先輩。


(昨夜何があったんだっけ…!?)


思い出せ、思い出せ自分…!



確か昨日は…



「あ…自棄酒…」



―そうだ、昨日、私はひとりでバーに行ってたんだ。


自棄酒の理由は、ありがちに“失恋”

と言っても、別にお付き合いしてた訳でも告白して振られた訳でもない。


ただひとり、勝手に憧れて勝手に失恋したのだ。



「小田島先輩、加世先輩と結婚するんだって!」


そんな噂が耳に入った。


小田島先輩は同じ部署の先輩で、男らしくてちょっと熱くて…

自分の周りにいないタイプだったから、密かに憧れてた。


でも経理課の加世先輩と一緒にいるところを見掛けてから、二人が付き合ってるって話がちらほら。

ショックを受ける間もなく、二人の結婚の報せを受けた。


それで私は“大人の女”よろしく、静かなバーでひとり、この恋の終わりを迎えたのだ。


…いや、“迎えたはず”だったのだ。




『思い出しましたか?』

「…な、何となく…」


薬売り先輩は呆れた眼差しをこちらに向けながら、再びコーヒーを飲んだ。


―彼は、同じ部署であるものの、あまり関わりはない。

技術系専門職の畑の人だから、正直、どんな人なのかもわからないくらいに関わりがないのだ。


ただ、端正な顔立ちの割に、いつも無表情で。

一部の女の子達が色めき立っていたのは知っている。


でも、なんで先輩が…?



『…仕事終わりに行きつけのバーに入ったらカウンターに貴女がいて』


頭の上に“?”を浮かべてる私を見かねて、先輩が話し出す。



『既にだいぶいい感じになってましてね。私が近づくと“へっ”て笑うんですよ』

「え…」

『えぇ、先輩に対して言うに事欠いて“へっ”』

「す、すみません…」

『…で、呂律の回らない言葉を聞いてみれば失恋の自棄酒とか』

「!!」

『散々一方的に話し終わると、急に突っ伏し眠り始めまして。タクシーに乗せようにも住所も言えない状態なので仕方なくうちへ』

「す、すみません……!」



…な、なんてこったい。


何が“大人の女”か。

ただの迷惑な酔っぱらいではないか…!



『…ふっ』

「!?あ、あの、本当にご迷惑をかけて…!」

『いや、思い出してたんですよ。部屋に入った途端の貴女の脱ぎっぷり』

「へっ!?…あああああ!?」


先輩に視線を落とせば、もろ下着姿。

慌ててベッドカバーを胸元に引き上げたが、先輩は相変わらずクツクツと喉の奥で笑いを殺していた。



『念のため言っておきますが、自分で脱いだんですからね』

「……」

『その後そのままベッドを占領して眠り、私は家主なのにソファーで寝る羽目に』

「す、すみません…」



もうすみません以外の言葉が見つからない。


なんという大失態。

まだ友達の前なら笑い話にできたかも知れない。


でも、会社の先輩が相手ではもう致命傷だ。


(終わった…私の社会人生命終わった…)



『それにしても…』

「ひぃ!まだ何か…!?」

『案外、わかりやすいタイプが好きなんですね』

「!!」




「ハッピーエンド」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -