不吉な香りと白衣の白

とどめの消毒液
お砂糖で誤魔化す苦薬
点滴が体内に流れ込む音
涙で作られたお薬
まことに残念ですが

動くことを確認する心臓
君の姿を探す白い廊下
両手を合わせる待ち時間
お薬ほしいですか
眠る君のぬくもりに安堵

三途の川只今通行止め
君が目を醒ました時の第一声を考えてる
安堵と不安の往復便
泣かない約束
神経質なまばたきと足音

音のない部屋
生命の音を拾う機械
悪夢のような同意書
コナじゃないと飲めません
処方箋と騙る白砂糖

最後の一粒禁断症状
お薬は君の涙
包帯を探して歩くミイラ取り
ゾンビが眠る503号室
一人部屋に二人分の吐息

死が蔓延する4階最奥の小部屋
つくられた鼓動のリズム
痛くない注射の効力
延びるばかりの期日
薬品の香りが染み付いた珈琲

窓のない部屋の朝食
薬品棚に棲んでるラットの一家
ライオンも逃げ出す音
赤の落ちない服
人造心臓と吹き返る吐息



[*前]  戻る  [次#]

タップで読むBLノベル
- ナノ -