天気


雲が泳ぐ青
上機嫌な太陽が覗く
ピクニック日和
何も問題ないみたいな顔をした嘘つきな空

曇り
ご機嫌ななめの神様
扇風機で雲を蹴散らせば心ごと晴れるでしょうか
日陰をつくる雲の集団
このくらいが丁度いい
傘は持たずに


37℃を奪う水
涙と雨を混ぜ合わせてできたもの
冷えた音に囲まれた夜
恵みの雨に殺された
空の雫に混じる涙を探して
ぬくもりを持った雨雫
そこに優しさなんてない
雨音が全て吸い込んだ
流れ流れていなくなれ
歓喜する森


音のない銀の世界にて貴方を待つ
触れては温度を塗り替える
スコップ片手に長靴を履いたデストロイヤー
草木眠る冷えた森の奥
歪な雪だるまは手招きする
シロップは何味がお好き?
何もかも吸収されたような静けさ
まつ毛を彩る雪の結晶
冷えきった惑星の下層にて
眠りにつく森
神秘さに圧倒される朝
冷たい空気を暖める
猫も人も丸くなる


このぬくもりが君だと信じて
いないいない
霞む世界に一人と一人
例えば君が見えたとして
背後に隠れた見えない風が
なにもかも隠して嗤う
見えなければそれでいいじゃない
白の世界の中で見えない振りをしていた
見させないさ、なにも
君の声で導いて
幻に触れる



[*前]  戻る  [次#]

タップで読むBLノベル
- ナノ -