数字

一人と一人
二乗
三歩歩いて
しのごの
碁盤の上はがらんどう
神様はろくろで地球を回す
斜めになったらおわり
八番目の最愛
空に浮かぶクモ
典型的理論

一律
二頭の羊(二つの頭)
身の程
支離滅裂
語彙のゴミ箱
霧中のさなか
斜めったら最後
八つ数えたらさようなら
九官鳥の悲鳴
重複の愛ならいらない

お喋りな一番星
二の舞を踏んだ猫のジャンプ
三度目の三時のおやつ
獅子舞に愛された子供
午前0時の訪問者
浪漫に殺された
七月四日の蝉の声
ハチを寄せつけるお菓子の家
空気となって君に溶け込む
銃の重さとひとかけらのコイン

いっせいのせ
二番煎じの恋真似
山茶花を添えた手の平
白いうまと黒いうまの対談
何度目のごめんね
無知無能の神
七万五千四百三十匹の蟻と一足の靴
場違いなドレスコード
ほつれた蜘蛛の巣にかかる獲物
重症な熱を抱えている

一日の始まりと終わりの隙間
にゃあと鳴けば福が降る
身一つで猫の国を目指す
四つ足のカラスと一本足のスズメ
いつかくる冬の話をしよう
嘆く娘と笑う幼子
七味唐辛子で誤魔化す惚気
虫食い木の葉の小さなおうち
苦しくない泣き方を教えて
峠の月が転がり落ちる



[*前]  戻る  [次#]

タップで読むBLノベル
- ナノ -