書き出し

ある日ある朝ある道で。
頭抱えて三時間じっくり考え込んだ結果僕は、
そこはあまりにも暗すぎたから逃げるほかなかった。
マグロの刺身と生肉を間違えたのが始まり。
花が牙を向くから踏みつけたんだ。

顔のない精霊がつんざくような叫び声を上げた。
いつまでも母胎の中で眠らせて。
泣きながら祈りの言葉にならない言葉を叫ぶ。
牙と爪の硬い音が数センチ先から聞こえていた。
ページをめくる音が途絶えたある暖かな午後。

だって今日はね、
犬の散歩に行ってくるよ。
よく冷えたある冬の午後。
ああどうか、どうか願わくば。
あやふやなまま見なかったことにできなくもないけど、



[*前]  戻る  [次#]

タップで読むBLノベル
- ナノ -