りんご

涙に隠したりんご味
りんごのならない木
りんごを溶かしたハチミツ
落ちたりんごで地が傾く
りんごに住み着く悪夢の残骸

うさぎりんごが見つめる方角
りんごの木から降る雨
りんごの呪文は夜明け前だけ
りんごの恋心を7枚に切り取る
恋に融けたりんごの隠し味


("くだもの")
誘う香りに連れられて
一口かじる楽園
色と香りで泉に誘う
甘い夢を丸ごと食す
味をしめたキュウカンチョウ

土に埋めればまた巡る
再開は同じ場所で同じ姿で
木から見下ろす被食者
噛めば噛むほどにじむ色
冷凍庫に閉じ込める香り



[*前]  戻る  [次#]

アクセス制限機能充実
夢小説のDLove
- ナノ -