純情

純情を被ったクロネコ
かなぐり捨てた純情で抗う
純情を妬む両手
さよなら純情またきて死角
純情であれと願った亡者

奪えあの子の純情を
純情ぶった2人ぼっちの河川敷
純情を閉じ込めた夜の真ん中
足元に散らばる純情
濁った心臓に純情を灯す


("イノセント")
何も知らない、なんてね
昨日と今日の私の境目
知らないふりを続けて踊る
目を閉じて耳を塞いで笑みを浮かべて
笑顔の裏に隠された黒

汚れを待つ純白
白の両手を引き入れた夜
私の全部に漂白剤を振りまいて
君を守る手の色は
道のない夜に気を付けて



[*前]  戻る  [次#]

アクセス制限機能充実
夢小説のDLove
- ナノ -