※Gro

残虐な描写を含みます。苦手な方はご注意。




原型のない背中
指を頂戴。全部頂戴。
まだ温もりの残る腸で貴方とマフラー
心臓を食べたのなら貴方の気持ちが分かるでしょうか?
あいつを抱き締めた腕がぼとり

脳内共有(くっつけてしまおう)
脳内共有(右半分をあげるね)
貴方の呼吸が欲しくて欲しくて(だから肺を貰うね)
腸で貴方と縄跳び、あやとり、首吊り
四肢を落としたら私のモノになってくれるの?

真っ赤な眼球のお味はイチゴミルク
ダイレクトに味わう体内温度
貴方専門の頭蓋骨コレクターになろう(次の貴方はどこかな)
肉切りハサミで図画工作
手と手を縫い付けてしまおう

針と糸を肉に刺す
絡まった君の血管をほどく
眼球がはめ込んであったくぼみ
貴方だけしか見えない目玉を抉って
腕と足はどこへやったの?(犬が食べたよ)

ナイフとフォークと心臓
あなたのめだまはいちごあじ
抉られた肉の深さだけ愛を感じた
小鳥の喉を撃ち抜いて
のうみそをこうかんこ

爪の下に隠された
めだまべろり
脳をすする
これはとても働き者の内蔵です
怠慢な君の心臓に電気

棒キャンディと眼球
指は六本
朽ちた骸からいつまでも離れない小鳥
喉を焼き切った人魚姫
肝臓が二つある理由

つめたいだきまくら
痛いほど愛しいの
繋いだ手とひと瓶の硫酸
君専用の刃物
肉の焼ける匂いと焼きごて

心臓と脳髄の秘密のお喋り
おでこに開いたカラの眼窩
こときれる腕と指
臓物観察日記
君の脳髄との対談記録

青い血液を飲み干す
はらわたは君のだった
なまにくのぬくもり
熱を持つ赤と涙
あの少女はまだ死に方を知らない

三本目の腕は誰のだった?
死人の温度に安堵する
記憶にない原形と君の視線
脳髄に頭預けて眠る半月の夜
死にゆく心臓の音に欲情

骨を削る鉄のムチ
脊髄にくるまれて眠る
毛細血管を解く作業
仕上げに腸をちょうちょ結び
綺麗な紅と錆びた黒

増え続けた眼球
君の首を絞める絹糸
ない首が痛むので
咀嚼する眼球の味
君の中身をちょうだい




戻る

アクセス制限機能充実
夢小説のDLove
- ナノ -