20000hit

THANKS! :-)
 白_歌_水_執着_恋_鬼_彼_雪_鈴_月_無



白夜に融けた赤の記憶
夜を拒む白熱灯
純白の猫は夜に嗤う
白狐の逃げ込む夜
色を吸った白無垢



声無き少女の讃美歌
歌声を奪ったあの月夜に
星なき夜に歌を投げる
海の底の子守歌
雨を望む鳥の哀歌



水晶に閉じ込めた楽園
夏空の下、水玉模様
水族館の人魚たち
水面は僕を映さない
水没した誰かの瞳


執着
喉を詰まらせる執着の花びら
執着の糸を辿る
依存、執着、相思相愛
執着に絡め取られた両手
執着が花を枯らす



恋する乙女の熱度計
恋に恋して愛をする
なくした恋の後を追う
砂丘の中の恋心
恋し君へ宛てた昨日



邪鬼を飲み込む真珠
鬼の子が眠る城
天邪鬼のキドアイラク
鬼が咲かせる百合の花
笑む裏の鬼



彼の行方を隠す霧雨
星を導く彼方の夜
曇りガラスに彼を見る
彼は昨日に戻らない
彼女は朝を呑み下す



積もる白雪に隠した情
無くしたものは雪の中
雪が君を溶かす夜
瞳の中の雪結晶
雪溶け水に溺れる



鈴の音と夜の予感
迷子の鈴蘭が縋る先
猫が目覚める鈴の音色
転がる鈴の後に続いて
悪夢を呼び寄せる鈴の響き



朝を偽る月光
満月の裏の天国と地獄
三日月が見せた眠り姫
月を眺めるうさぎの会談
月が恋しむ陽の熱



雲の上の無人島
無関心の裏側
無を貫く女神の像
無数と有数の箱庭
切って貼って繕った無個性




戻る

タップで読むBLノベル
- ナノ -