拍手 | ナノ
アクセス制限機能充実
夢小説のDLove
side:ルカメイ


「メイコさーん」
「今日は何? 呼んだだけって感じじゃないわね」
「え」
「先に言っとくけど、あたしがすごいんじゃなくて、ルカがわかりやすいのよ」
「そ、そうですか」
「で、要件は?」
「メイコさんはいつから私の事が好きですか?」
「まぁた、唐突ね」
「恋は突然なんですよっ」
「それは前に聞いたわ。しかも、あたしがルカの事が好きなのは既定事項なのね」
「え、いや、ほら、そこは決まってないと……っていうか、違うんですか!?」
「冗談よ」
「……私ばかりメイコさんを好きで、なんかずるいと思います」
「ずるいって言われてもねー」
「で、いつですか?」
「そうね、ルカがあたしに恋してるって気付いてから、かな」
「つまり?」
「ルカがあんまり恋してるオーラをあたしに出すもんだから、あてられたっていうか、うっかり」
「うっかり?」
「そう、うっかり。最初は、利用してやろうくらいに考えてたんだけどねー」
「やっぱり、なんかずるいです」
「そう?」
「そうですよー」
「――あたしはあたしで、今、結構いっぱいいっぱいなんだけど」
「何か言いました?」
「ううん、何も」



メイコさんは、余裕そうに見えて実はそうでもなかったら可愛い。


Next→side:リンミク



[Home]
アクセス制限機能充実
夢小説のDLove
- ナノ -