大人と子供じゃ不純異性交遊ということになるのだろうか。いや、そもそも異性でないからそれは違うか。不純同性交遊? なんとも趣味の悪い言葉の羅列だ。
不純、と言われるだけのことを一応まだしたことがない。だからといって清いとも言えないのは、それがきっと男同士のことであるからだろう。抱き合ってキスをして、普通の恋人同士がすることと何一つ変わらないことを俺はあの人としている。静かに、ムードもへったくれもなく。
満足している、嘘のように聞こえるかもしれないが。
たまーに下心丸出しの手が腹を探ってきたりするが、そういう時に限って加藤機関の襲撃だったり作戦会議の集合だったりかかってくるので、最近は少し諦め気味らしい。見かけによらずむっつりなことに最初こそ驚きはしたが、まあ同じ男としてその欲求は分からなくも無いので文句は言わない。予告もなしに唐突なのは心臓に悪いので出来ればご遠慮したいところだが。
そんなもんだ、俺とあの人は。
一線を越える想像をしたことが無いと言えば嘘だ。自分よりも一回り大きな角ばった大人の手が、自分をぐずぐずにしていく妄想に興奮して息子を慰めるはめになったこともある。期待していないとも言わない、欲望に貪欲なのは良いことだと褒めたのは紛れもないあの人だから。
だから、早くその時が来てしまえばいい。隠せる間もなく暴かれる日が。そう望むのは、自分が性春に敏感な年頃のこどもだからだ。
(爆発する前に手出してくれりゃいいんだけど)
聞き分けの良いふりをして、腹の底ではなんとやら。我ながら自分が恐ろしい。


なんなら吸収されたいよ
(:20130705)
×
「#切ない」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -