喜多野家

2011/10/08 00:35

「おはよー」
「おはよ」
「ママは?」
「寝てんじゃね」
「弁当ーあー誠私にも牛乳ちょうだい」
「今更飲んでも意味ねえぞ」
「そっくりお返しするわ」
「170cmいくからな絶対」
「はいはい頑張ってね」
 
 
「良ー喜多野さーん」
「なによどうしたの」
「母が弁当を持って行けと」
「昼休み終わりそうじゃん・・・ていうか誠は今学校きたの?」
「うん」
「午後からとか来る意味が」
「ほっとけ」
 
 
やまなしおちなしいみなし








  pass: 



× |back| ×

 

×
「#ファンタジー」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -