氷vs風

ある日ヒロトは思った



ヒロト(あ、吹雪くんと風介だ。二人が一緒だなんて珍しいなぁ……なんか二人って…………)



ヒロト「ねぇねぇ吹雪くん!風介!」



吹雪「あ〜ヒロトくんだ〜」



風介「なんだお前か。全く何の用だ。私は今、忙しいのだ。本当はお前の話など私にとっては素晴らしくどうでもいいのだ。だがわざわざ私達を呼んだのだからよっぽどの用なんだろうな。しょうがない聞いてやろうではないか、さっさと用件を言え。だがしかしやはりお前h((」



ヒロト「わあああ風介ストップストップ!!そんなに言われると心折れるなあ………」



吹雪「涼野くん………(笑)すごいね。」



風介「フン。」



ヒロト「ある意味尊敬するよ」


風介「そんなことはどうでもいい。さっさと用件を言えと言っただろう。言わぬなら帰るぞ」



ヒ「せっかちだなぁ…あんまり大した話じゃないからなんだか言いづらくなっちゃったけどさ、そういえb((」



風介「さらばだ」



ヒロト「まっ………まってよ!!(汗)」



風介「大した話じゃないと言っていたではないか」



吹雪「涼野くんおもしろいね」


風介「ありがとう((キリッ」



ヒロト「まぁいいや、大した話じゃないけど聞いてよ」



風介「しょうがない、聞いてやろうではないか、後でダッツだ」



ヒロト「風介…………さすがだね。それでね、話なんだけどさ、なんか二人って似てるなって思ったんだよね」



吹雪「そんなこと?なんか話を勿体ぶったわりには大した話じゃないね」



ヒロト「分かってたけど地味に傷つくなあ」



吹雪「だって本当の事だもん、涼野くんだって呆れてるよ?……って……えっ!?」



風介「!!!!!!!?????」



吹雪「涼野くん、めちゃめちゃ反応してる!!!」



ヒロト「え!?なんで!?なんか俺びっくりだよ」



風介「私と吹雪が似ているだと……!!??」



ヒロト「そこそんなに反応すること!?」



吹雪「大体の人は思っちゃってることなのにね、キャラ被りはよくあることだよ」



ヒロト「ふ……吹雪くん…………(汗)」



風介「私とコイツと一緒にするな」



吹雪「それってどういう意味かなあ?ってかそれボクのセリフだよ。ボクは君みたいに厨二発言連発しないし」



ヒロト「風になろうよとか結構言ってた気が……」



吹雪「それに見た目が被っちゃってるだけでしょ?それだけでこんな厨二さんと同じにされちゃうとか困るんだよね」



ヒロト「さりげなくスルーされた」



風介「私は厨二発言などしていない、事実を述べているだけだ。そんなに言うならば勝負をしようではないか」



ヒロト「俺、空気。」



吹雪「ふ…………臨むところだよ!!あ、ヒロトくんいたの」


風介「影が薄いとは悲しい事だ、そうだ、お前は私たちの審判をしてくれ」



ヒロト「俺、泣きそう。まぁいいや、やるよ」



吹雪「よし!じゃあいくよ!」


風介「いくぞ!!」




***




風介「くッ…………………((バタッ」



吹雪「涼野くん、大したことないね」



ヒロト「てっきりサッカーで勝負するのかと思ったら殴りあいだったっていうね。そして意外に吹雪くん強い、さすが熊殺し。」



吹雪「熊殺しだなんておっかないな〜〜ボクは雪原の皇子だよー」



ヒロト「それ自分で言わないの」



風介「私はまだやれる……!!うっ……((バタッ」



ヒロト「はい。吹雪くんの勝ちー。」



吹雪「ふふ!ボクの勝ちだね☆」



風介「くっ…………私は負けた訳ではない。ただ吹雪と勝負を楽しんでいただけだ」



吹雪「それって負け惜しみだよね〜((ニコッ」



風介「グサッ」



ヒロト「よくわからない二人だ……」








 





なんかよくわからないことになってしまった(笑)
ただこの子達を絡ませたかっただけです





[ 1/6 ]

[*prev] [next#]

[しおりを挟む]





×
「#切ない」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -